愛があふれる男女

生活はより豊かに、愛の溢れた世界

暗号資産が創造する未来

 シリーズ「小論文文集」第26回目:鈴木清利(平成29年月7執筆)をお届けいたします。

 この小論文文集は現在、Amazon Kindleでも購入が可能ですが、一人でも多くの方にお読みいただきたいと考え、無料公開する運びとなりました。

 受講生の皆様が書いたこの小論文には、たくさんの未来が詰まっています。
 この小論文に書かれたことが、今後の未来で実現できれば、どの様な笑顔が創造されるのでしょうか?

 すてきな未来を想像し、お読みいただけたら幸いです。

非中央集権の特異性

仮想通貨が創造する未来について、私は大いに希望を持ち支持していきたいと思うと共に価値を創る側に位置したい。

そういう中、すでにビットコインは決済手段や送金手段としての機能を備えており、実社会でも利用できるようになってきているが、スケーラビリティの問題で決済に時間が掛るなど、今後は、非中央集権の特異性を保ちながら存続することが可能なのであろうか。

可能

スケーラビリティ問題による対立

2015年8月15日にブロックサイズ問題・スケーラビリティ問題によるビットコインコミュニティの分裂により開発チーム内の一部が、ビットコインの元のブロックチェーンから分岐する新バージョン Bitcoin XT をリリースした。

現在のところ、実際にブロックチェーンの分岐はまだ発生していないが、このような形でコミュニティが分裂して新バージョンがリリースされるのはビットコインの歴史上初めてのことであり、ハードフォーク(分裂)をするのか、ソフトフォーク(修正)をするのか、注目されている。

2017年8月1日問題において、マイナーはハードフォークをして更なる利益を追求する中国側のグループと、ソフトフォークでビットコインの思想や思惑、非中央集権を支持する開発メンバーとユーザーたちとの対立であると私はみている。

たしかに、中国の bitmain 社でマシンを作っているジハン・ウー氏にしてみれば、自社開発したマシンのマイニングシェア率が70%をも占めていれば、ハードフォークをして問題解決し、さらにマインニングをしやすくして管理すれば、利益は安定するどころか大成功であろう。

綱引き 対立

ビットコインがビットコインであるために

しかし、非中央集権を断固支持している開発メンバーやユーザーにとってみれば、ビットコインがビットコインで無くなってしまう。

これは、その他のコイン同様になってしまう事になり、現時点での先行性のマーケットシェアだけが残り、存在意義が無くなってしまうことになる。

なぜなら、ビットコインだけが非中央集権で管理者がいない唯一無二の存在であり、その他のコイン同様に管理される様になれば、それぞれの特異性を持ったコインがそれぞれの役目を果たせばいいだけであるからだ。

人間も同様に、すべてが平等ではない天地創造の中で平等に創られた存在であるだけで、これこそ個々の特異性を発揮しそれぞれの役目を果たせばいいのである。

まだ世の中は管理したがるが、人の得たいものが何なのか、価値の対価は何か、それだけであり今はその対価がお金である。

よって、、私たち人間が本当に得たいものはお金ではなく、『感情』であることを忘れてはならないと考える。

ビットコイン誕生

まとめ

よって私は、サトシナカモトや開発メンバーそしてユーザーと同様に非中央集権の特異性をもつビットコインの可能性の中に、今後世界が中央に管理されなくても、さらに相互管理するのでは無く、個々が互いに存在意義を認め合い、足りないところを補い合い、共存共栄共創の思考になれば、生活はより豊かに愛の溢れた世界になると私は信じ、ビットコインも同様に特異性を維持し存続すると確信する。

鈴木清利(平成29年月7執筆)

特記事項:記事として掲載する構成上、原文内容を一部更新しております。

免責事項:シリーズ「小論文文集」に掲載される論文は、その正確性や完全性を当協会や執筆者が保証するものではありません。また、論文中の過去の実績に関する数値、図表、見解や予測などを含むいかなる内容も将来の実装や実現をお約束するものではありません。

blank

暗号通貨技能検定(初級編)は、ブロックチェーンに精通した業務を行っているプログラマーやエンジニアの方々からも支持されている検定資格です。なぜなら、難しく分かりにくい技術用語や単語を明確に理解し、「どの様な例え話を用い、他者へ伝えることができるのか!?」を知れる、日本で唯一の検定講座だからです。

講座は「お金について」を含め、1から重要な項目を前編後編合わせて3.5時間の中で、しっかりと学ぶことが出来る内容になっていますので、「興味はあるけれど講座についていけるのか、少し心配」という方であっても、安心して受講いただけます。

日々の生活や仕事はもちろん、ビジネスや新たなチャレンジにも役立つ資格であるため、他の受講生の皆様とともに、しっかりと仮想通貨システムおよびブロックチェーンの理解を深めていただけたら幸いです。

受講で得られる『7+3の学びと活動』
  • 学び①:お金の本質、仮想通貨システムの本質
  • 学び②:ブロックチェーンの活用事例
  • 学び③:キャッシュレス化の現状と未来
  • 学び④:フィンテックの可能性
  • 学び⑤:情報共有(分散型台帳技術)の重要性
  • 学び⑥:企業ではなく「あなた」が活躍する時代
  • 学び⑦:ブロックチェーンが創造する未来
  • 活動①:伝え方のスキルアップとコミュニケーション能力を向上する
  • 活動②:SDGsの達成に向けた仮想通貨システムの活用を伝える
  • 活動③:公認暗号通貨技能アドバイザーとして各地で講座を開催する

本質を学び活かすことができる、暗号通貨技能検定(初級編)とは!?
↓↓↓
blank

Scroll to Top