金融機関

ウォール街とビットコイン

ウォール街がビットコインを取り違える理由を元ゴールドマン・サックスのバンカーが語る

当協会代表理事の山下健一(@Kenichi_Y)です。   この記事では、元ゴールドマン・サックスのアセットマネージャーがビットコインに対するウォール街の人々の見解を述べています。   海外も国内も金融機関のほとんどでは …

ウォール街がビットコインを取り違える理由を元ゴールドマン・サックスのバンカーが語る もっと読む »

少額決済サービスことら

メガバンクが本気で少額決済サービスに挑む『ことら』とは

三菱UFJ信託がデジタル証券を即時決済できる様に独自電子通貨を発行するというニュースが飛び込んできました。 電子通貨の名称は『プログマコイン』であり、運用には三菱UFJ信託銀行が提供する分散台帳技術を活用したセキュリティ …

メガバンクが本気で少額決済サービスに挑む『ことら』とは もっと読む »

暗号通貨の資格を目指す人々へ暗号通貨主婦が伝えたいこと

Table of Contents 働きながら学ぶ時代 私が日本クリプトコイン協会にお世話になり始めて、約10ヶ月が経ちました。 今日に至るまで、まだ一年も満たないのですが、それでも2022年に入ってから、暗号通貨につい …

暗号通貨の資格を目指す人々へ暗号通貨主婦が伝えたいこと もっと読む »

ブロックチェーン技術の本質を学ぶ意味と必要性について

初冬の乾燥した空気が心地よくも肌寒く、いわゆる年の瀬らしい日々が続き今年の振り返りと来年への活気に沸く日々を過ごしております。   さて、この4年間当協会の公認インストラクターとして暗号通貨技能検定講座で暗号通貨やブロッ …

ブロックチェーン技術の本質を学ぶ意味と必要性について もっと読む »

仮想通貨でお金を借りるレンディングサービスが急拡大

今回のコラムでは、「暗号通貨の貸金業ビジネスが盛んになってきた」という内容をお届けします。 目次 レンディングサービスとは 仮想通貨のレンディングサービス(貸金業ビジネス)が盛んです。 レンディングサービスとは、皆さんが …

仮想通貨でお金を借りるレンディングサービスが急拡大 もっと読む »

CBDC|CBDCは中央銀行の1割りが3年以内に発行

デジタル通貨の発行に関する記事も増えてきましたが、日本については、何故デジタル通貨の発行が必要になるのかという、本質を理解し必要性と安全性を国民に周知してほしいものです。 ここに見出しテキストを追加 国際決済銀行が日本や …

CBDC|CBDCは中央銀行の1割りが3年以内に発行 もっと読む »

中央銀行

CBDC|中央銀行によるデジタル通貨導入で世界が注目

米連邦準備理事会のパウエル議長は、米上院銀行員会で「中央銀行によるデジタル通貨について、最前線で分析していくことが我々の責務だ」と主張しました。 日銀や欧州中央銀行、CBDCの共同研究に乗り出す FRB も他の中銀と協業 …

CBDC|中央銀行によるデジタル通貨導入で世界が注目 もっと読む »

不良債権

・米国のカード遅延が急増している訳とは

雇用悪化で不良債権比率が上昇し限度額引き下げた結果、消費回復にも遅れが出ています。 以前から問題視しているクレジットカードの支払いに関する内容ですが、この問題はリーマンショックの問題と同レベルであると認識しておいた方が良 …

・米国のカード遅延が急増している訳とは もっと読む »

中央銀行デジタル通貨

CBDC|2021年CBDC元年が巻き起こす課題と不安

目次 中央銀行デジタル通貨 デジタル通貨について、日本とヨーロッパなど六つの中央銀行が集まり会議を行う計画がありましたが、コロナ禍の影響で初会合には至らなかった様です。内容はCBDC(中央銀行デジタル通貨) ついて、 各 …

CBDC|2021年CBDC元年が巻き起こす課題と不安 もっと読む »

金融庁、暗号資産(仮想通貨)・ステーブルコインの専門家を募集

CBDC|金融庁、暗号資産(仮想通貨)・ステーブルコインの専門家を募集

目次 再生すると音声が流れます 皆さん、いかがお過ごしでしょうか。 本日は、金融庁、暗号資産(仮想通貨)・ステーブルコインの専門家を募集、という話題を取り上げてみたいと思います。 職員募集の概要 2020年5月15日に金 …

CBDC|金融庁、暗号資産(仮想通貨)・ステーブルコインの専門家を募集 もっと読む »