何?

仮想通貨とはいったい何なのか

暗号資産が創造する未来

 シリーズ「小論文文集」第21回目:窪田正二(平成29年11月執筆)をお届けいたします。

 この小論文文集は現在、Amazon Kindleでも購入が可能ですが、一人でも多くの方にお読みいただきたいと考え、無料公開する運びとなりました。

 受講生の皆様が書いたこの小論文には、たくさんの未来が詰まっています。
 この小論文に書かれたことが、今後の未来で実現できれば、どの様な笑顔が創造されるのでしょうか?

 すてきな未来を想像し、お読みいただけたら幸いです。

誰もが注目している仮想通貨

「仮想通貨」、この四文字を目にしない日がなくなっているように、その注目度は老若男女、あらゆる階層で高まっている。

「仮想通貨詐欺」というものが横行するのも、反面は誰もが注目しているからこそ出現しているもの。ある面、時代のトレンドと言っても過言ではない。

だがしかし、いやそれだからこそ、「仮想通貨とはいったい何なのか」を自分自身、自分が信じられる物として、確固たる知識を持ってこそ語れるものだと考え、今回、初級、上級と講義を受け、独学では及ばない知識、マインドを身につけられたことは大変有意義であった。

これを受け、仮想通貨の将来像を語る機会が与えられたため、ここに一考察する。

考察する男性

通貨なのか、投機対象なのか

まず、「仮想通貨」は「通貨なのか、単なるFXのような投資なのか?」、考察するに、投資対象と考えられているうちは「仮想通貨(以下、新通貨)の未来はない」と言い切っておく。

確かに相場という概念がある限り、投資の対象であることは否定しない、では円ドルなどのいわゆる「(銀行などが取り扱う)外貨預金」は「投資」なのかといえば、銀行などの言い分はあくまでも「低金利時代における金利の補填」である。

そもそも通貨は、国を跨いで流通させることによってその価値が変動する、いわゆる「国と国の力関係を表す比較値」であり、仮想通貨とは大前提が異なる。

仮想通貨と法定通貨

既存の「通貨」の欠点を補完または凌駕する

ではなぜ「通貨」という名称が付されたのか?それは前記のような通貨における欠点を補完または凌駕することでの価値を見いだすのではないかと期待できる。

米ドル、日本円、ユーロなどの通貨に取って代わることはないだろうが、「決済手段」としての側面では、圧倒的に仮想通貨が優位であり、期待度は高い。

キャッシュレス時代が到来した今、世界中いつでもどこでも、交換レートを気にしない単一通貨としての存在意義を考えれば、仮想通貨が「通貨」として広く認識・利用され、「所詮は相場もの、流行りもの」と揶揄されることもなく、現行通貨の補完ではなく、また、中央銀行などが存在しない「節約省力型」の利用価値を利用し「共存」するはずである、いや、させるべきである。

時代の進歩には相応の壁や負担があることは避けて通れない世界ではあるが、純粋の投資における税制(苦労せずに儲けた金には高税率)の見直しを含め、今こそ「仮想通貨」を「新通貨」として別の次元に移行することこそ重要と確信する。

仮想通貨

まとめ

よって、今後世界中に広めなくてはならない要因として銀行口座を持てない国々の人も携帯電話は持っている、中央の介入しない仮想通貨はこんな人びとにも大きな恩恵があり金融取引を可能にし世界中のどこからでも送金が出来、世界中のどこにいても受け取ることが出来る通貨である。

であるからこそ、今回の資格を活かし、新たな通貨の未来に寄与できるよう、貢献できれば幸いである。

窪田正二(平成29年11月執筆)

特記事項:記事として掲載する構成上、原文内容を一部更新しております。

免責事項:シリーズ「小論文文集」に掲載される論文は、その正確性や完全性を当協会や執筆者が保証するものではありません。また、論文中の過去の実績に関する数値、図表、見解や予測などを含むいかなる内容も将来の実装や実現をお約束するものではありません。

blank

暗号通貨技能検定(初級編)は、ブロックチェーンに精通した業務を行っているプログラマーやエンジニアの方々からも支持されている検定資格です。なぜなら、難しく分かりにくい技術用語や単語を明確に理解し、「どの様な例え話を用い、他者へ伝えることができるのか!?」を知れる、日本で唯一の検定講座だからです。

講座は「お金について」を含め、1から重要な項目を前編後編合わせて3.5時間の中で、しっかりと学ぶことが出来る内容になっていますので、「興味はあるけれど講座についていけるのか、少し心配」という方であっても、安心して受講いただけます。

日々の生活や仕事はもちろん、ビジネスや新たなチャレンジにも役立つ資格であるため、他の受講生の皆様とともに、しっかりと仮想通貨システムおよびブロックチェーンの理解を深めていただけたら幸いです。

受講で得られる『7+3の学びと活動』
  • 学び①:お金の本質、仮想通貨システムの本質
  • 学び②:ブロックチェーンの活用事例
  • 学び③:キャッシュレス化の現状と未来
  • 学び④:フィンテックの可能性
  • 学び⑤:情報共有(分散型台帳技術)の重要性
  • 学び⑥:企業ではなく「あなた」が活躍する時代
  • 学び⑦:ブロックチェーンが創造する未来
  • 活動①:伝え方のスキルアップとコミュニケーション能力を向上する
  • 活動②:SDGsの達成に向けた仮想通貨システムの活用を伝える
  • 活動③:公認暗号通貨技能アドバイザーとして各地で講座を開催する

本質を学び活かすことができる、暗号通貨技能検定(初級編)とは!?
↓↓↓
blank

Scroll to Top