ゴールドとビットコイン

金(ゴールド)とビットコインは似ている?

皆さん、夏休みいかがお過ごしでしょうか。

田舎に帰省、海外旅行、そもそも休みなんかない!

色々かと思います。私はどこへも出かけないで、自宅でのんびりする予定です。

さて、本日は金(ゴールド)と仮想通貨ビットコインは似ている?という話題を取り上げてみたいと思います。

アメリカの億万長者キューバン氏の主張

マーク・キューバン氏は、貴金属関連メディア「キトコ(Kitco)・ニュース」で下記のように語りました。

仮想通貨ビットコイン(BTC)は基本的に金(ゴールド)と似ていると考えているという。

キトコによるインタビューの中で、キューバン氏は金とBTCとを「同じもの」と見なしていると明かした。さらにBTCの総発行上限数が決まっている点が、投資価値へのボーナスであることに同氏は気が付いたという。

引用元:コインテレグラフジャパン
「金(ゴールド)と仮想通貨ビットコインは似ている」 米億万長者キューバン氏が主張(2019/08/11)

次の項目から少し詳しく見ていきましょう。

金(ゴールド)

ゴールドとビットコインの共通点

キューバン氏も指摘しているように、最大の共通点は「限りあるもの」ということだと思います。

ビットコインは、発行上限枚数は2100万BTCと決まっています。

なぜ2100万BTCなのか・・・

そういう「ルール」なんです!

これは変更されることがありません。だから価値があるのです。

現在はその約85%(1785万BTC)が発行されており、2140年までかけて残りの15%(315万BTC)を発行します。

ゴールドの採掘量と埋蔵量を合わせると、一説には21万トンとも言われており、その数にひっかけてビットコインの発行枚数を決めたのではないかと、考える人もいるようですが、真相は「やぶの中」です。

なにか夢があっていいじゃないですか。

ちなみにゴールドに関する数字は、地上(採掘済)と地下(未採掘)にある量なのですが、

ゴールドは微量ですが海水にも含まれているんです。

その量は約50憶トンとも言われています。

ただし、海水からゴールドを抽出する技術はまだ確立できていないようです。

海中

価値の保存

金(ゴールド)は、何千年にも渡って「価値の保存」の手段として使用されてきました。

その理由は、

  • 採掘量が少なく希少性があること
  • 月日が経っても劣化しない
  • 見た目も美しく様々な装飾品に利用できた

などと言われています。

ただし、前掲した海水に含まれるゴールドを抽出できる技術が確立されたらその価値も揺らぐかもしれませんね。

続いてビットコインですが、

  • 採掘量が少なく希少性があること
  • 月日が経っても劣化しない

という2点は全くゴールドと同様ですね。

ブロックチェーンという画期的な技術的の信用を担保とした「価値の保存」はうまく機能しているのではないでしょうか。

ブロックチェーン

まとめ

現在ではまだまだ暗号資産(仮想通貨)を投機目的とだけ、とらえている人も多いかと思います。

もしくは、ブロックチェーンに代表されるようにそのシステムや世界観に魅了されているひとも多いことでしょう。

ただ、ビットコインに代表される「通貨」としての機能も忘れてはなりません。

その本質を理解するには、お金の歴史なども理解することも重要です。

夏休みの勉強してみてはいかかがでしょうか!

blank

暗号通貨技能検定(初級編)は、ブロックチェーンに精通した業務を行っているプログラマーやエンジニアの方々からも支持されている検定資格です。なぜなら、難しく分かりにくい技術用語や単語を明確に理解し、「どの様な例え話を用い、他者へ伝えることができるのか!?」を知れる、日本で唯一の検定講座だからです。

講座は「お金について」を含め、1から重要な項目を前編後編合わせて3.5時間の中で、しっかりと学ぶことが出来る内容になっていますので、「興味はあるけれど講座についていけるのか、少し心配」という方であっても、安心して受講いただけます。

日々の生活や仕事はもちろん、ビジネスや新たなチャレンジにも役立つ資格であるため、他の受講生の皆様とともに、しっかりと仮想通貨システムおよびブロックチェーンの理解を深めていただけたら幸いです。

受講で得られる『7+3の学びと活動』
  • 学び①:お金の本質、仮想通貨システムの本質
  • 学び②:ブロックチェーンの活用事例
  • 学び③:キャッシュレス化の現状と未来
  • 学び④:フィンテックの可能性
  • 学び⑤:情報共有(分散型台帳技術)の重要性
  • 学び⑥:企業ではなく「あなた」が活躍する時代
  • 学び⑦:ブロックチェーンが創造する未来
  • 活動①:伝え方のスキルアップとコミュニケーション能力を向上する
  • 活動②:SDGsの達成に向けた仮想通貨システムの活用を伝える
  • 活動③:公認暗号通貨技能アドバイザーとして各地で講座を開催する

本質を学び活かすことができる、暗号通貨技能検定(初級編)とは!?
↓↓↓
blank

Scroll to Top