風船解放

金融と通貨をテクノロジーで解放

暗号資産が創造する未来

 シリーズ「小論文文集」第17回目:小松野美貴哉(平成29年11月執筆)をお届けいたします。

 この小論文文集は現在、Amazon Kindleでも購入が可能ですが、一人でも多くの方にお読みいただきたいと考え、無料公開する運びとなりました。

 受講生の皆様が書いたこの小論文には、たくさんの未来が詰まっています。
 この小論文に書かれたことが、今後の未来で実現できれば、どの様な笑顔が創造されるのでしょうか?

 すてきな未来を想像し、お読みいただけたら幸いです。

金融機関に、その存在理由はあるのか

人類はこれまで、不便・問題だと感じる様々な障害をテクノロジーで克服してきた。

近年ではインターネットや携帯電話がそうである。そして今回のビッグウエーブがこの暗号(仮想)通貨だ。

とうとう人々はこれまでタブーともされてきた金融と通貨をテクノロジーで解放しようとしている。

これまで金融機関は、自らの裁量でそのサービスを拒絶、または停止する権限を一方的に持っていた。

謂わばお金の門番的役割を果たしていたのだが、これらの不便・問題を一気に解決してしまうテクノロジー、暗号通貨ビットコイン(ブロックチェーン・テクノロジー)の出現によって、もはや金融機関は、その存在理由自体を問われる時代に突入したと言っても良いだろう。

クエスチョンマーク

金融機関の大変換は始まりに過ぎない

この金融機関の大変換は始まりに過ぎず、これから様々な分野で暗号通貨(ブロックチェーン)の活用による「革命」が加速しながら拡大し続けることは確実である。

但し、コンプライアンスに沿っていない(或いはそう判断された 。) 暗号通貨は、今後淘汰されて行くと思われる。

なぜなら「通貨とは国家の大事」だからである。それを根底から覆す力を持つ暗号通貨を、各国の政府は必ずしも歓迎してはいない。故に今後、国や地域によって使えるコインと使えないコインが発生してくると思われるが、そのすべてに互換性が保たれるかは今のところ不透明だ。

そして最も重要なファクターが、暗号通貨やそれらにかかわる「人」である。

テクノロジーの本質を正しく理解した上で、それを活用しなくては無意味だ。無知な人に嘘を伝えても、それを信じてしまえば、そのテクノロジーは「悪いモノ」となる。図らずしも、現在のビットコインは投機主体となってその価値を上げ続けている。まさに「それでもBitcoinは値を上げる 。」 状態だ。

人

サトシ・ナカモトの夢

果たして始祖ナカモト・サトシはこの現況を夢見ていたのだろうか?

中央集権型の奴隷のような労働力としての人生ではなく、自由なアルゴリズムを支配して活用する主役としての人生をおくるためには?その一考察として、ビットコイン(ブロックチェーンテクノロジー)を投げ懸けたのではないか?

「もっと人間らしく生きよう!」との提案だったのではないだろうか?

何れも、私の億測の域を出ないが、そう考えると、いつも山下代表が講義の最後に、我々に必ず語り掛ける「暗号通貨は愛である 。」 という言葉に、より一層の意義と深みを見出すことが出来るのは、私だけではない筈だ。

日差し

 

まとめ

私は、「教育とは強育である 。」 のだと確信している。

正しく本質を教えることによってのみ、育まれる成果のレベルは高くなる。

つまり強く育つのである。

知識においても同じであって、正しい知識と常識=「スキル」を得るためには、まず自らが「正しく教わる」ことが肝要だ。

その為にこの日本クリプトコイン協会の存在は貴重であり、その正義に基づく理念は崇高そのものだと確信している。

小松野美貴哉(平成29年11月執筆)

特記事項:記事として掲載する構成上、原文内容を一部更新しております。

免責事項:シリーズ「小論文文集」に掲載される論文は、その正確性や完全性を当協会や執筆者が保証するものではありません。また、論文中の過去の実績に関する数値、図表、見解や予測などを含むいかなる内容も将来の実装や実現をお約束するものではありません。

blank

暗号通貨技能検定(初級編)は、ブロックチェーンに精通した業務を行っているプログラマーやエンジニアの方々からも支持されている検定資格です。なぜなら、難しく分かりにくい技術用語や単語を明確に理解し、「どの様な例え話を用い、他者へ伝えることができるのか!?」を知れる、日本で唯一の検定講座だからです。

講座は「お金について」を含め、1から重要な項目を前編後編合わせて3.5時間の中で、しっかりと学ぶことが出来る内容になっていますので、「興味はあるけれど講座についていけるのか、少し心配」という方であっても、安心して受講いただけます。

日々の生活や仕事はもちろん、ビジネスや新たなチャレンジにも役立つ資格であるため、他の受講生の皆様とともに、しっかりと仮想通貨システムおよびブロックチェーンの理解を深めていただけたら幸いです。

受講で得られる『7の学びと3つの活動』
  • 学び①:お金の本質、仮想通貨システムの本質
  • 学び②:ブロックチェーンの活用事例
  • 学び③:キャッシュレス化の現状と未来
  • 学び④:フィンテックの可能性
  • 学び⑤:情報共有(分散型台帳技術)の重要性
  • 学び⑥:企業ではなく「あなた」が活躍する時代
  • 学び⑦:ブロックチェーンが創造する未来
  • 活動①:伝え方のスキルアップとコミュニケーション能力を向上する
  • 活動②:SDGsの達成に向けた仮想通貨システムの活用を伝える
  • 活動③:公認暗号通貨技能アドバイザーとして各地で講座を開催する

本質を学び活かすことができる、暗号通貨技能検定(初級編)とは!?
↓↓↓
blank

Scroll to Top