キャッシュレス大国デンマーク、造幣の必要なし?

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、キャッシュレス大国デンマーク、造幣の必要なし?、という話題を取り上げてみたいと思います。

キャッシュレス大国デンマーク

デンマークは、人口580万人のうち400万人がスマホ決済ユーザーという、世界一のキャッシュレス大国とも言われています。

また、市民の生活満足度は高く、2014年の国連世界幸福度報告では第1位に輝いています。

そんなデンマークの実情を、日刊ゲンダイDIGITALの記事を引用しながら、ご紹介させて頂きます。

デンマークのキャッシュレス普及率はおよそ80%と言われ、現金を持ち歩かないのがいたって普通となっています。

日常の決済は、少額ならモバイルペイ、高額ならクレジットカードが主流で、子供からホームレスを含め、キャッシュレス難民はいないとのこと。

デンマークの首都、コペンハーゲンの風景

現金はつくっていない

デンマークでは、現在なんと現金は作っておりません。

えっ!

と、言っても自国で作っていないだけで、紙幣はフランス、硬貨はフィンランドで作っています。

いわゆる現金のOEM生産ですね。

日本人の感覚からいうと、ちょっと信じられないですよね~。

言い換えれば、それほど現金の重要性が低いことの表れではないでしょうか。

現金を使う行為は、手間もコストもかかり、コストにいたっては、キャッシュレスの倍とも言われています。

確かにキャッシュレス比率が80%で、コストもかかるのであれば、他国に発注するのもうなずけはしますね。

デンマークでもマイナンバー制度?

デンマークでは、日本のマイナンバーに相当するCPR(社会保障)番号というものがあり、デジタル化が進んでいます。

日本と違い、国民に広く受け入れられているようで、CPR番号には、「住所」「カルテ」「薬歴」「納税」「年金」「銀行」などのデータがリンクされているそうです。

日本でも2021年から段階的に、銀行口座とマイナンバーの紐づけが義務化されます。

いずれはデンマーク同様、カルテや薬歴なども紐づくでしょう。

そしてそう遠くない将来には、ブロックチェーンで管理される時代がくると筆者は予想しています。

blank

日本では

そんなキャッシュレス先進国デンマークですが、一方日本は2024年を目途に、新紙幣が発行される予定です。

キャッシュレス比率上げるぞ!

なんて意気込んでいる割には、逆行している感じも否めませんが、果たしてどうしてなのでしょうか?

理由として、

  1. そもそも20年周期で新しい紙幣を発行している。(偽造対策)
  2. 自動販売機やATMを新紙幣に対応させるため、経済効果がある。
  3. アングラマネー撲滅。
  4. シニョリッジ(通貨発行益)の確保

などが考えられます。

1.に関しては「よろしくお願いします」という感じです。

2.3.に関しては、当協会の代表理事である山下健一が書いた記事(新紙幣発行の本当の理由とは)を、ご一読くださいませ。

4.に関しては、私が書いた過去の記事(分散型デジタル通貨で「政府の通貨発行機能が民間にシフトする可能性」~シニョリッジを簡単に解説!~)にわかりやすく書いているつもりなので、ご一読いただけると嬉しいです。

つまるところ総合的に勘案して、なぜ日本が新紙幣を発行するのかと言えば・・・

色々言われていますが、私にはわかりません。

案外1.かなと思っています。(なんだかな~)

blank
出典:新紙幣 Photographer: Emi Urabe/Bloomberg

まとめ

最後に、日刊ゲンダイDIGITALの記事は以下のように締めくくっています!

日本政府はまずは政治家への献金もキャッシュレスにして、政治資金収支報告書もデジタル化したらどうか。そうなれば汚職や改ざん、国会での不毛な議論も激減するのではないか。政治家や官僚がブラックボックスにこだわっているのに、キャッシュレスやデジタル化やマイナンバーカードを国民に押しつけるのはお門違いというものだろう。

引用元:日刊ゲンダイDIGITAL
デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた(2020/02/16)

はい、賛成!

おっしゃる通り!

記事の理解を深める初級検定講座の詳細はこちら>

Scroll to Top