Facebook「リブラ」に異論ない、中央銀行デジタル通貨はこの先5年は発行の必要なし ~米財務長官が発言~

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

急に関東は冷え込んできました。風邪など引かぬようお身体ご自愛ください。

さて本日は、米財務長官が、フェイスブック「リブラ」に異論ない、中央銀行デジタル通貨はこの先5年は発行の必要なし、と発言したという話題を取り上げてみたいと思います。

スティーブン・ムニューシン財務長官の発言

フェイスブックの「リブラ」について

フェイスブックがデジタル通貨を作成したければ、それはそれで構わないが、彼らは金融上の秘密とマネーロンダリング防止規則に完全に準拠する必要があり、決してテロ資金調達に使われることがあってはならない。」と発言したと、ブルームバーグが報じました

中央銀行デジタル通貨(CBDC)について

さらに、スティーブン・ムニューシン財務長官は中央銀行デジタル通貨(CBDC)についても下記のように言及しました。

「近い将来、今後5年間で、FRBがデジタル通貨を発行する必要はない。」と、同じくブルームバーグが報じています

スティーブン・ムニューシン米財務長官

まとめ

リブラについての風向きが変わってきたかもしれません。

先日、トランプ大統領とフェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグ氏が、ホワイトハウスで会食したとの報道がありましたが、まさかその影響ではないかとは思いますが、米財務長官の今回の発言は、大きいのではないでしょうか。

一方、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行については相変わらず消極的です。

おそらく現状から勘案するといわゆる大国の中では、中国が最初に中央銀行デジタル通貨(CBDC)を発行するのではないでしょうか?

現在世界の基軸通貨は、米ドルです。

個人的には世界の国での、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行は止まらないと思います。

おそらく後発となる、アメリカの中央銀行デジタル通貨(CBDC)は、これまでと変わらず、基軸通貨として覇権を握り続けることができるのか、注目し続けていきたいと思います!

記事の理解を深める初級検定講座の詳細はこちら>>

Scroll to Top