LINE BITMAX

LINEウォレットからアクセスできる「BITMAX」に登録してみた!

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、9月17日にLINEアプリで暗号資産(仮想通貨)が購入できるサービス、「BITMAX」が始まったので、さっそく登録してみましたので、そのレポートをしてみようと思います。

現在(9/18)は、まだAndroid版限定となっています!

BITMAXとは

「LINE」上の「LINEウォレット」タブからアクセスできる、仮想通貨売買サービスです。

取り扱っている仮想通貨の種類は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)の5種。

なお、LINEが日本とアメリカ以外で先行している「BITBOX」とは、別サービスとなっています。

BITMAX

登録できる方の条件

「BITMAX」のアカウントを開設できるには、下記の条件を満たす必要があります。

  • LINEアカウントをお持ちの方
  • 満20歳以上かつ満75歳未満の方
  • 日本国内に居住している方

20歳以上でないとならないのは理解できますが、75歳以上は不可とのこと。

年金生活者が多いから?(収入が少ないため?)
ITリテラシーが低いので、訳も分からず乱用してしまう可能性があるから?

理由は特に記載がありませんでした。

高齢者でもLINEだけは使っている人も多いので、少し残念な印象です。

blank
今や、人生100年時代。75歳以上でも、まだまだ元気で収入もある方も多いので、いずれは75歳以上の方にも、制限付きで、サービス解放を検討してみてもいいのでは?

いざ、登録!

blank
出典:LINE PR 私もさっそく登録してみましたが、他の販売所等に比べても一番簡単かもしれません。

 

利用を開始するには、本人確認が必要となります。

  • 銀行口座登録と身分証確認
  • スマホでカンタン本人確認
  • 郵送で本人確認

上記の3種の方法のいずれかで、本人確認をします。

ちなみに私は、銀行口座登録と身分証確認の方法で確認を取りましたが、身分証明証(免許証等)を写メで撮って、送信するだけなので簡単です。

また、LINE Payで本人確認済みであれば、確認手続きを短縮できるそうです。

blank
出典:LINE PR 操作方法も直感的にわかりやすそうです。

まとめ

日本人でスマホをお持ちの方なら、ほとんどの人が「LINE」を使っているのではないでしょうか。

けっこう高齢者でも使ってますよね!

他の取引所のアカウントを開設するのは、少し敷居が高いと思っている人も多いかと思います。

「BITMAX」なら、いつも使っているLINEから登録できるので、今まで仮想通貨の保有を躊躇していた人は、この機会にぜひ保有してみてください!

「LINE Pay」とも連携しているので、「LINE Pay」からの入金、もしくは、「LINE Pay」に登録している銀行口座からの入金の2通りから選べます。

登録が終わったら、「アカウント管理」から“パスワード認証を設定”の項目があるので、必ず設定しておきましょう!

余談ですが、操作画面にブラウンやコニーは出てきませんでしたよ。

記事の理解を深める初級検定講座の詳細はこちら>>

Scroll to Top