お金を稼ぐ時代から、生み出す時代へ

暗号資産が創造する未来

 シリーズ「小論文文集」第13回目:森社和喜(平成30年2月執筆)をお届けいたします。

 この小論文文集は現在、Amazon Kindleでも購入が可能ですが、一人でも多くの方にお読みいただきたいと考え、無料公開する運びとなりました。

 受講生の皆様が書いたこの小論文には、たくさんの未来が詰まっています。
 この小論文に書かれたことが、今後の未来で実現できれば、どの様な笑顔が創造されるのでしょうか?

 すてきな未来を想像し、お読みいただけたら幸いです。

既成の「仕組み」は大きく変わる

仮想通貨が流通することで、社会のしくみ、人々の暮らしなどが今までに見たこともないようなものになっていく。社会の仕組みとして大きく変わるもの、経済の仕組み。

いままでは、いいアイディアがあっても起業できなかった人などにもビジネスチャンスがやってくる。

中央集権という、一部の権力者が取り仕切るシステムが崩壊。かといって全くなくなるわけではなく、従来のものではなく形を変えて、共存していくのではないか。

先日新聞で、ネット銀行と仮想通貨の取引所が組むという記事を読んだ。古いもの新しいものが手を組む、形を変えるというこういうスタイルはいろんな分野で増えてくるかもしれない。

働き方というものも変わってくるかもしれない、会社という仕組みはなくなり個人事業主のような形で、収入の柱をいくつか持つ。

新規事業の際には、ICOでクラウドファンディングする。

利権や利害関係でなく、純粋な気持ちで繋がる仲間に出会える。相乗効果で新しい技術が生まれるかもしれない。

人は、生きていくために労働しなくてもよい

ブロックチェーンとAIのコラボがすごい!

十年ほど前に、ある人が言っていた、そう遠くはない未来にスーパーコンピューターの発達、普及で、エネルギーもフリー、お金も、食べ物もフリーになる。

今から思えば、それはブロックチェーンとAIと仮想通貨のことだったのかと私は思う。

ブロックチェーンとAIのコラボで、質のいい商品が効率よくできる。AIとブロックチェーンが入っている機械が、稼働していながら仮想通貨をマイニング。日常生活にある家電にすべてその機能が入っている。お金を稼ぐ時代から、生み出す時代へと、変わっていく。

人は、生きていくために労働しなくてもいい。もちろん、働きたい人は働いてもいい。

働くときには、どんな仕事が自分には向いているかわからない。そんなときには、一家に一台AIカウンセラーのお世話になるかもしれない。

今までの、行動パターン(アルゴリズム)、生体認証で適性を読み取る。AIとブロックチェーンと仮想通貨。人が時間をかけてやることを一瞬でかたづけてしまう。その人でなくても、誰でもいい時代とも言える。

blank

まとめ

そういう時代だからこそ、わたしにしかできないこと(天命や使命)といわれる自分にしかできないことを探求していく時代でもあるかもしれない。

わたしにしかできないこと?

それもAIカウンセラーに聞いたら適切な答えが返ってくるでしょう。

森社和喜(平成30年2月執筆)

特記事項:記事として掲載する構成上、原文内容を一部更新しております。

免責事項:シリーズ「小論文文集」に掲載される論文は、その正確性や完全性を当協会や執筆者が保証するものではありません。また、論文中の過去の実績に関する数値、図表、見解や予測などを含むいかなる内容も将来の実装や実現をお約束するものではありません。

blank

暗号通貨技能検定(初級編)は、ブロックチェーンに精通した業務を行っているプログラマーやエンジニアの方々からも支持されている検定資格です。なぜなら、難しく分かりにくい技術用語や単語を明確に理解し、「どの様な例え話を用い、他者へ伝えることができるのか!?」を知れる、日本で唯一の検定講座だからです。

講座は「お金について」を含め、1から重要な項目を前編後編合わせて3.5時間の中で、しっかりと学ぶことが出来る内容になっていますので、「興味はあるけれど講座についていけるのか、少し心配」という方であっても、安心して受講いただけます。

日々の生活や仕事はもちろん、ビジネスや新たなチャレンジにも役立つ資格であるため、他の受講生の皆様とともに、しっかりと仮想通貨システムおよびブロックチェーンの理解を深めていただけたら幸いです。

7つの「できる」を確立する
  • キャッシュレス化の波をつかめる
  • ブロックチェーンの活用事例を知る
  • フィンテックの可能性を理解できる
  • 実践的な活用方法を知る
  • ビジネスで活かせる資格を得られる
  • 周りからの質問に分かりやすく答えてあげられる
  • ブロックチェーンでどのような未来が創造されるのかを理解できる

本質を学び活かすことができる、暗号通貨技能検定(初級編)とは!?
↓↓↓
blank

Scroll to Top