韓国中央銀行、CBDC発行を見据え諮問グループを設置

韓国中央銀行、CBDC発行を見据え諮問グループを設置

目次

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、韓国中央銀行、CBDC発行を見据え諮問グループを設置、という話題を取り上げてみたいと思います。

コリアタイムズが報じる

大韓民国の中央銀行である韓国銀行(BOK)は、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行を見据え、諮問グループを設置したと、コリアタイムズが2020年6月15日に報じました。

 

この諮問グループは、金融、フィンテック、ITなど6人に専門家から構成され、少なくとも2021年5月末までは継続的に会議などを続けていくとのこと。

設立の目的を当局者は、

CBDCを取り巻く法的問題について話し合い、BOKによるデジタル通貨の発行を円滑に進めるには、どの法律を改正または制定する必要があるかを明らかにするため、諮問グループを設立した

引用元:THE Korea Times
Bank of Korea launches legal advisory panel for digital currency(2020/06/15)

と、述べています。

2021年末までにパイロットテストを完了へ

韓国銀行は、2021年末までには中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行に関するパイロットテストを完了させたいとしています。

ローンチの時期については触れていませんが、筆者は2022年中には発行したいのでないかと想像しています。

まとめ

世界各国で、中央銀行デジタル通貨(CBDC)の研究開発が進んでいます。

フランスの中央銀行は、先月デジタルユーロの実装テストに成功しています。

アジアに目を向ければ、中国が躍起になって開発を急いでいる印象です。

当分の間は、目が離せない状況が続くでしょう。
今後とも各国のCBDC発行を関する情報は注目して参ります。

初級検定講座

暗号通貨技能検定のお知らせ

こんな思いの方々が受講しています

  • 様々な情報が飛び交っていて何が正しいのか分からない
  • 書店に並んでいる本やYoutube動画を見ても理解が深められない
  • 同一労働・同一賃金が施行された為、資格を得て収入に違いを出したい
  • 仮想通貨がどの様に活用されていくのかを知りたい
  • 自社のビジネスにブロックチェーン技術がどの様に導入できるのか知りたい
  • 新しい技術がこれからの社会経済をどのように変化させて行くのか興味がある
  • SDGs×ブロックチェーン技術の研究が世界で話題になっている本当の理由を知りたい
初級検定講座
Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on tumblr
Share on telegram
Share on email
Scroll to Top