中央銀行デジタル通貨

2021年CBDC元年が巻き起こす課題と不安

目次

中央銀行デジタル通貨

デジタル通貨について、日本とヨーロッパなど六つの中央銀行が集まり会議を行う計画がありましたが、コロナ禍の影響で初会合には至らなかった様です。内容はCBDC(中央銀行デジタル通貨) ついて、 各総裁が参加し研究を進めるという初会合でした。

内容は、各国の異なるデジタル通貨を、各中央銀行間で決済できるよう、開発段階から仕様を合わせるなど、発行に向けたさまざまな課題を議論し合います。

最終報告は今年の秋にまとめ、CBDC が経済に与える影響などを洗い出すはずでしたが、次回の会合時期は決まっておらず、当面は先延ばしになる様です。

中央銀行が発行するデジタル通貨の研究は中国が進んでおり、発行は各国の判断に委ね、金融システムに大きな影響を与える CBDC については、トップ手動で研究を急ぐことになるでしょう。

実際に、中国では実証実験が進んでおり、2020年内には発行されることが確実視されています。

共同研究については、各行トップの総裁、副総や理事、裁局長ら実務者の3層に分けて進む予定でしたが、中国がリリースすれば中国を除外た形での会合は意味をなさなくなると考えます。

CBDCの今後

研究を主導するのは、副総裁理事や局長級であり、4月上旬までに論点をまとめ、アメリカワシントンで4月中旬に開く国際会議に合わせ、 総裁会合を設ける予定でした。

研究においては、セキュリティ対策と一緒に国際送金に使うための使用が主なテーマにとなり、今後の暗号資産(仮想通貨)業界の一つの基準になることは間違ないでしょう。

ここにきて、仮想通貨と暗号通貨は似て非なる物であるという事を、私たちは認識する必要があると思います。なぜなら、数百年続いた中央集権化社会から非中央集権化社会へのパラダイムシフトできるかどうか、試されることになるでしょう。

初級検定講座

暗号通貨技能検定のお知らせ

こんな思いの方々が受講しています​

  • 様々な情報が飛び交っていて何が正しいのか分からない
  • 書店に並んでいる本やYoutube動画を見ても理解が深められない
  • 同一労働・同一賃金が施行された為、資格を得て収入に違いを出したい
  • 仮想通貨がどの様に活用されていくのかを知りたい
  • 自社のビジネスにブロックチェーン技術がどの様に導入できるのか知りたい
  • 新しい技術がこれからの社会経済をどのように変化させて行くのか興味がある
  • SDGs×ブロックチェーン技術の研究が世界で話題になっている本当の理由を知りたい
初級検定講座
Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on tumblr
Share on telegram
Share on email
Scroll to Top