楽天ウォレット、暗号資産(仮想通貨)証拠金取引サービスの提供開始~改正金融商品取引法に対応~

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、楽天ウォレット、暗号資産(仮想通貨)証拠金取引サービスの提供開始~改正金融商品取引法に対応~、という話題を取り上げてみたいと思います。

3月26日にサービス開始、専用アプリも同時公開

楽天グループの連結子会社で暗号資産(仮想通貨)交換業を運営する楽天ウォレット株式会社は、3月26日(木)に暗号資産(仮想通貨)証拠金取引(レバレッジ取引)サービスの提供を開始し、新たに暗号資産証拠金取引専用のスマートフォンアプリ「楽天ウォレットPro」を公開しました、と発表がありました。

楽天ウォレットProとは

「楽天ウォレットPro」では、「楽天ウォレット」の現物取引サービスで提供している「ビットコイン(BTC)」「イーサリアム(ETH)」「ビットコインキャッシュ(BCH)」に、新たに「ライトコイン(LTC)」「リップル(XRP)」を追加し、BTC/JPY、ETH/JPY、BCH/JPY、LTC/JPY、XRP/JPYの5種類の取扱通貨ペアで最大で、証拠金の2倍までの取引が可能となります。

また、24時間365日、場所を選ばずにアプリ上で証拠金取引ができます。

取引画面については、複数の資産の一括管理や、お客様自身に最適なチャート表示へカスタマイズできるなど、証拠金取引に特化したインターフェースを採用しております。

特徴

証拠金取引では、お客様からお預かりした証拠金は楽天信託を通じた銀行預金として保全されます。

そのため、万が一当社(楽天ウォレット株式会社)に危険が及ぶような場合でも、お客様資産は安全に保管されます。

また、証拠金維持率が100%未満になると、お客様の損害を一定以下に限定するために維持率が100%を回復するまで建玉(ポジション)を強制決済(ロスカット)することにより、お客様の資産を保護いたします。

本サービスを利用するにあたり、お客様は、現物取引口座と証拠金取引専用の口座双方の開設が必要となります。

現物取引口座をすでにお持ちのお客様は、マイページ上にある専用フォームに必要情報を入力するだけで証拠金取引口座をお申し込みいただけます。

とのこと。

※サービスの詳細については、楽天ウォレットPro証拠金取引サービス概要ページからご確認できます。

出典:RakutenWallet

まとめ

アプリは、AndroidもiOSも対応済み。

既報(日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)、法改正を見据え規則改正へ~パブリックコメントの募集開始~)でも、お伝えしましたが、今春には改正金融商品取引法が施行されます。

改正法の施⾏に伴い、「仮想通貨」の名称が「暗号資産」に変更されます。

そして改正のひとつの目玉が、証拠金取引の規制です。

これまで業界の自主規制で4倍とされていましたが、レバレッジの上限が2倍となる見通しです。

もちろん新法を見据え対応済で、楽天ウォレットProでも、証拠金の2倍までの取引が可能としています。

証拠金は楽天信託を通じて銀行預金として保全されるとのことなので、カウンターパーティリスクについても安心ですね。

ただし、投資や運用は、余裕がある範囲で行いましょうね。

記事の理解を深める初級検定講座の詳細はこちら>

Scroll to Top