リブラ、技術運営委員会を設立~5名の専門家を選出~

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、リブラ、技術運営委員会を設立~5名の専門家を選出~、という話題を取り上げてみたいと思います。

Libraプロジェクトの技術運営委員会(TSC)の設立

2019年12月16日に、Libra Associationの評議会はLibraプロジェクトの技術運営委員会(TSC)の設立に投票し、それぞれが独自の視点を提供し、プロジェクトに貴重な専門知識をもたらす5人のメンバーを選出しました。

と、リブラ公式サイト内のブログで1月16日に発表されました。

TSCの役割

TSCの役割は、Libraネットワークの技術設計と開発を監督および調整することで、具体的には、

  • Libraネットワークの技術ロードマップの指示
  • 選択した特定の問題の研究を迅速に追跡するためのテクニカルワーキンググループの形成
  • コードベース開発のガイド
  • 健康で熱心なLibra開発者コミュニティの構築

とのこと。

メンバー紹介

各メンバー選出に伴い、コメントを発表しているので、紹介します。

ディオゴ・モニカ(アンカレッジの共同創立者兼社長)

「Libra Blockchainが世界中の何十億人ものユーザーにサービスを提供するためには、セキュリティがその基盤である必要があります。Libraネットワークを世界規模で運用できるように、最新のセキュリティエンジニアリングを使用しています。」-ディオゴ・モニカ

ジョージ・カブレラIII(カリブラのプロダクト責任者)

「Libra Associationの使命は、数十億人に力を与える金融インフラであり、そのインフラの設計、構築、および継続的なメンテナンスを指導するグループを持つことは、その成功に不可欠です。この委員会の設立は、メインネットのローンチに向けて前進しているLibraのオープン性と持続可能性。」-ジョージ・カブレラIII

ジョー・ラルーズ(バイソン・トレイルズCEO)

「私たちの目標は、数十億のトランザクションをサポートするインフラストラクチャを備えたLibraネットワークの分散化、安全化、および適切なオーケストレーションを確実にすることです。これは、分散化された未来へのアクセスを民主化するという当社のビジョンと一致しています」-ジョー・ラルーズ

ニック・グロスマン(ユニオンスクエアベンチャーズのパートナー)

「Libraは、デジタル資産と支払いの分野で画期的なプロジェクトになる可能性があります。この可能性を達成するには、プロジェクトは信頼できる独立性を示し、潜在的なパートナーと貢献者を歓迎する必要があります。」-ニック・グロスマン

リック・シュリーブ(マーシー・コーのエマージングテクニカルディレクター)

「デフォルトで透明になるように設計されており、オープンソース参加の哲学に支配されているLibraネットワークは、経済的に包摂的な世界を構築するユニークな機会を表しています。」-リック・シュリーブ

blank

まとめ

当初の予定は、2020年中頃にはリブラがローンチされる予定でした。

以前フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグ氏は、「規制当局のコンセンサスが得られるまでは、ローンチしない」という旨の発言もありましたが、

一方、スティーブン・ムニューシン財務長官が「フェイスブックがデジタル通貨を作成したければ、それはそれで構わないが、彼らは金融上の秘密とマネーロンダリング防止規則に完全に準拠する必要があり、決してテロ資金調達に使われることがあってはならない。」と、肯定的な発言もありました。

個人的には、今年中のローンチ願っています。

今後の動向にも注目して参ります!

記事の理解を深める初級検定講座の詳細はこちら>

Scroll to Top