世界初!コインチェックが“Lisk”のステーキングサービス(β版)開始

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、世界初(※)!コインチェックが“Lisk”のステーキングサービス(β版)開始、という話題を取り上げてみたいと思います。

※取引所やカストディなどの顧客の秘密鍵を管理するサービスを提供する事業者において。2020年1月9日現在 コインチェック調べ。

2020年1月9日開始

2020年1月9日、コインチェックがプレスリリースで、【世界初】Liskのステーキングサービス(β版)の提供を開始 ~仮想通貨を保有するだけで資産が増えるという新たな価値を提供し、
ブロックチェーンネットワークの更なる発展へも貢献 ~、と発表しましたので、下記に内容をまとめてみたいと思います。

ステーキングとは

対象となる仮想通貨を保有しながらブロックチェーンのオペレーションをサポートすることにより、報酬を受領する仕組みです。

キャピタルゲインが中心であった仮想通貨投資において、インカムゲインが期待できるとして注目を集めており、2019年には海外の大手仮想通貨取引所が次々とステーキングサービスの提供を開始しています。

以上、プレスリリースから抜粋してみましたが、投資など経験がある方でないと理解できないかもしれませんので、私の方で簡単に解説します。

「キャピタルゲイン」とは、保有している資産を売却した際に得られる利益の事。例えば10万円で株を買って、15万円で売れたら、5万円の利益です。その利益をキャピタルゲインと呼んでいます。

一方、「インカムゲイン」とは、保有している資産から保有中に得られる利益のこと。例えば、株の配当、債券の利子、不動産の家賃収入のことを指します。

まとめると、今まで暗号資産(仮想通貨)は、安く買って値上がりしたら売って利益を得ていたのが中心だったけど、保有しているだけで利益が出せるサービスを始めました!、ということです。

あら、素敵。

報酬の付与対象

以下の1および2の条件に当てはまるお客様が対象となります。

  1. 対象期間にCoincheckの「取引アカウント」にて1日あたり平均10LSK以上保有しているもしくは「貸仮想通貨アカウント」にて貸出中でないLSKを1日あたり平均10LSK以上保有している
  2. 付与実施時点で当該アカウントが通常通りご利用いただける状態となっている

付与予定日

毎週水曜日

付与額

報酬として受領したLSKから手数料を差し引き、お客様のLSK保有量に応じて付与いたします

注意事項

ちょっと面白そうだ!やってみよう!、という方は必ずこちらの注意事項をご確認下さい。

出典:コインチェックHP

まとめ

次回(1月12日予定)では、Liskとはどんな仮想通貨であるか、と、保有しているだけでどうして報酬を得ることができるのか、ということを解説してみたいと思います。

現在コインチェックの副社長で、創業者である和田晃一郎氏は、昨年10月コインテレグラフの取材に応じ、

「受け身は終わった」

「時代を作っていく」

と、語っています。

マネックスグループ株式会社の完全子会社化され再出発したコインチェック。

今後の動向に注目して参ります!

追伸

ご存じかもしれませんが、コインチェックの和田副社長。

東京工業大学在学中(後に中退)に、レジェプレスを創業(これが後の「コインチェック」)し、サイバーエージェントに就職予定もあったようなのですが、それも辞退しています。

また、「STORY.JP」を立ち上げ、「ビリギャル」を世に送り出した張本人としても有名です。

才能と行動力もあってイケメンだし、羨ましいわ~。

blank
ビリギャルと和田晃一郎氏 和田氏の写真は、コインテレグラフよりお借りしました。

記事の理解を深める初級検定講座の詳細はこちら>

Scroll to Top