第7回暗号通貨技能検定【上級編】at 東京都 レポート後編

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

2019年11月16日(土)に、第7回目となる暗号通貨技能検定(上級編)が開催されました。

本日は、その後編のレポートをお届けいたします。

テーマ3:暗号通貨システムの構成技術と概念

担当する講師は、当協会の代表理事である山下健一。

講座の内容は以下の通り。

  1. ハッシュ関数
  2. 公開鍵暗号
  3. デジタル署名
  4. タイムスタンプ
  5. P2Pネットワーク
  6. ブロックチェーン
  7. ノード
  8. PoW(仕事の証明)
  9. DLT(分散型台帳技術)

初級講座でも習った項目もありますが、さらに深層まで掘り下げます。

項目だけ見ると、難しそうだと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、安心してください。

身近な事象に例えながら、誰にでもわかりやすく講義を進行していきます。

ただし、初級講座の知識は必須です!

私が一番感動したのは、PoWの項目です。

受講生自身がノードになり、実際にスマホを使って演習をしてみました。

これには、ビックリ!

頭の中ではわかっているつもりでも、実際に経験してみるのでは、訳が違います。

受講生の皆さんも、良い経験になったと思います。

blank

テーマ4:SDGs×Blockchain×Action

いよいよ最後のテーマです。

担当する講師は、テーマ3に引き続き、当協会の代表理事である山下健一。

SDGs(持続可能な開発目標)の実現にブロックチェーン技術が、世界中で大変注目を浴びています。

既に国連では、ブロックチェーンを使ったプロジェクトが開始され、民間へも急速に広がりつつあります。

blank

上級編最後のテーマである、SDGs×Blockchain×Actionでは、仮想通貨システムの観点から、SDGs(持続可能な開発目標)の実現に向け、どのようなアプローチが可能なのか?、を考えるグループワークが中心です。

これまで学んできた知識を総動員して、仲間と意見を出し合うことになります。

  • 不可逆的であり必ず同じ答えが導き出される“ハッシュ関数”
  • 当事者間で情報を守る関係を構築する“公開鍵暗号方式”
  • 自身であることを明確に証明する“デジタル署名”
  • いつ、何をしたかを皆で認め合い保証する“タイムスタンプ”
  • 上下関係が無く仲介者を必要とせず互いを認め合うP2Pネットワーク
  • 歴史をつなぎ隠し事が無く改ざんを不可能にしたBlockchain
  • 善意ある者のみで構成される情報を保管するノード
  • 自信の仕事の証明を他の全員へ伝え認めてもらうProof of Work
  • 同じ情報を共有し平等を主とするDLT(分散型台帳技術)

最後は、仮想通貨システムを理解し、SDGsを“自分事”としてとらえることができるようになった、受講生の発表です!

blank

blank

blank

受講生からは、創造性豊かなアイデアがたくさん発表されました。

情報の格差から生み出されている貧富の差の是正、教育の機会均等、食品ロス削減、等々。

私が特に注目したのは、下記の2点のアイデアです。

  • 商品の所有者情報をブロックチェーンに登録し、そのQRコードを商品に付けておけば、仮に不法投棄をしても、所有者がはっきりわかるので、ごみが削減できるプロジェクト。
  • 自分の特技で、困っている方の問題を解決し、報酬を得ることができる、P2Pネットワークの考え方を取り入れたプロジェクト。仲介者が存在しないので、報酬を搾取されることもありません。仮想通貨で支払いをすれば、世界中どこにいても、スマホひとつで瞬時に支払いも完了します。

頭が固い私には、思いつくはずもないアイデアが発表され、感心しきりでした!

今後の受講生の活躍に期待

受講生はこれから、小論文の提出と口頭試問を経て、晴れて“公認暗号通貨技能アドバイザー”として認定されます。

公認暗号通貨技能アドバイザーとなられた暁には、暗号通貨の正しい知識を広める活動を、それぞれの地域でしていただくことになります。

協会本部も全力で応援致します。

皆さまの、ご活躍が今から楽しみで仕方がありません。

期待しています!

blank

最後に

今回もたくさんのサポートスタッフのお力添えを頂き、おかげさまで無事に「暗号通貨技能検定(上級編)」を終えることができました。

本当にありがとうございました。

記事の理解を深める初級検定講座の詳細はこちら>>

Scroll to Top