ブロックチェーン

仮想通貨を知っている人の6割が「ブロックチェーンを知らない」~そもそも知っているって何?~

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

本日は、ブロックチェーン白書調査2019のアンケート調査の話題を取り上げてみたいと思います。

なお、今回のデータはコインデスクジャパンの記事(仮想通貨を知っている人の6割が「ブロックチェーンを知らない」──ブロックチェーン白書調査)を参考にし、記事化しております。

暗号資産(仮想通貨)を知っている

「仮想通貨を知っていますか?」という質問に対する回答結果は以下の通り。

  • 「はい」と回答した割合74.2%
  • 「いいえ」と回答した割合25.8%

知っているの定義があいまいなので、理解している(本質を知っている)方から、名前を聞いたことがある、まで幅が広いのかなと感じています。

個人的な見解ですが、現在日本では、投機・投資目的のみとして、仮想通貨を捉えている方が本当に多く、本質を理解している方が本当に少ないと感じています。

投機・投資目的自体は否定はしませんし、実際にそういった側面もございます。

ただ、本質を知っていただき、仮想通貨とブロックチェーンの可能性を感じて欲しいと、筆者は切に願っています。

出典:コインデスクジャパン

ブロックチェーンについて知っている、理解している

ブロックチェーンについて知っている

「ブロックチェーンについて知っているか」という質問に対する回答は以下の通り。
(仮想通貨を知っていると答えた方にのみ質問しています。)

  • 知らない63.0%
  • どちらかと言えば知っている13.8%
  • どちらとも言えない11.0%
  • どちらかと言えばしらない9.6%
  • 良く知っている2.6%
blank
出典:コインデスクジャパン

ブロックチェーンについて理解しているか

「ブロックチェーンについて理解しているか」という質問に対する回答は以下の通り。
(ブロックチェーンについて知っていると答えた方のみに質問しています。)

  • 理解していない67.6%
  • どちらとも言えない11.0%
  • どちらかというと理解していない9.9%
  • どちらかというと理解している8.8%
  • 理解している2.7%

こちらも知っていると理解しているの定義があいまいですが、理解している、と自信を持って答えられる人は、ブロックチェーンのシステム開発をしていたり、プログラムを書いている人ではないかと思います。

多くの皆さんは、そこまで理解する必要はなく、ブロックチェーンの重要なポイントだけ理解しておけば良いと思います。

非中央集集権的であるとか、P2Pとかそういうことです。

今回は割愛しますが、機会を設けて、ブロックチェーンの重要ポイントは解説したいと思います。

blank
出典:コインデスクジャパン

まとめ

仮想通貨とブロックチェーンですが、なんだか難しそうとか、はたまた怪しそう、と思われている方も多いと思います。

インターネットも最初はそうでした。

今では誰も、そのようなことを言う人はいません。

本質や思想を理解することにより、未来が想像でき、ビジネスチャンスすら生まれると思います。

ぜひ色眼鏡で見ないで、本質を理解してみましょう!

記事の理解を深める初級検定講座の詳細はこちら>>

Scroll to Top