フェイスブックペイ

決済サービス「フェイスブックペイ」、米国で今週開始へ

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、またまたまたまた新しい“なんちゃらペイ”である、フェイスブックペイが、米国で今週開始へ、という話題を取り上げてみたいと思います。

フェイスブックペイを週内に開始と発表

米フェイスブックは12日、「フェイスブックペイ」を週内に開始すると、自社のNewsroomで発表しました。

まずは、アメリカ国内でスタートさせ、順次対象地域を広げる予定となっています。

簡単にまとめます。

フェイスブックペイは、

  • フェイスブック
  • メッセンジャー
  • インスタグラム
  • ワッツアップ

を通じて、決済や送金ができるようになり、アプリを終了することなく、決済を完了することが可能になります。

フェイスブックペイは、主要なクレジットカードとデビットカード、およびペイパルをサポートしており、支払いは、ペイパル、ストライプ等によって処理されます。

リブラ協会を脱退した、ペイパルやストライプのシステムを利用とのこと。

なんだかちょっと皮肉な感じですね。

出典:FACEBOOK Newsroom

リブラとの関係

気になるリブラとの関係は、

Facebook Payは既存の金融インフラストラクチャとパートナーシップに基づいて構築されており、Libraネットワークで実行されるCalibraウォレットとは別のものです。

引用元:FACEBOOK Newsroom
Simplifying Payments with Facebook Pay(2019/11/12)

と、わざわざ別物であると、説明されています。

私の見立てとしては、“今のところは別物”と捉えています。

さまざまはしがらみやコンプライアンス的なことや、世間の雰囲気なども考慮して、いずれはリブラネットワークと統合する計画プランを、フェイスブック社も考えているとは思います。

リブラ

セキュリティ対策

フェイスブックペイは、セキュリティをより強固なものにするため、少なくとも下記のデバイスを利用することができるそうです。

  • PINコード
  • タッチ(おそらく指紋認証だと思われます。)
  • フェイスID認識(顔認証)

最近の顔認証技術はかなり進化しているようです。

本人確認は、仮に本人が、

  • お化粧・メイク
  • 男性が女装、女性が男装
  • 整形

などしても判別できるところまで、進化しているとのことです。

blank
出典:FACEBOOK Newsroom

ここだけのお話しです。(某大学教授にお聞きしました。)

最近のパチンコ屋さんでは、顔認証技術を利用して、来店頻度等のデータベースが出来ており、いわゆる“大当たり”をコントロールしている店舗もあるようです。

たとえば、何回来店したら1回、大当たりを出してあげよう、とかコントロールしているってことです。

 

ちなみに、デバイスの生体情報は、フェイスブックで受信も保存もしないとのことですが、決済方法や日時、決済額などの情報を収集し、ターゲット広告にバッチリ活用するとしています。

まとめ

フェイスブックペイは、フェイスブック社独自のサービスなので、リブラとは“別もの”といえば、その通りですが、今後どのように関連していくのか、また、しないのか気になりますね。

日本でのサービス提供時期は、公式にアナウンスされておりませんが、導入されたら使ってみて、レポートしてみたいと思います!

記事の理解を深める初級検定講座の詳細はこちら>>

Scroll to Top