仮想通貨?暗号通貨?暗号資産?

仮想通貨、暗号通貨、暗号資産、何が違うの?

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

本日から3連休ですが、お天気はあまりかんばしくないようですね。

台風15号の被害に遭われた皆様に、お見舞い申し上げます。

1日でも早い復興を祈念致します。

さて本日は、「暗号資産(仮想通貨)のあるある」コラム第3回目をお届けいたします。

今回は少し筆者の独断や、個人的見解もあるかもしれませんので、そこはご容赦お願いいたします。

仮想通貨、暗号通貨、暗号資産、その意味

先ず、説明の前に英語表記も確認してみましょう。

  • 仮想通貨=Virtual currency(ヴァーチャルカレンシー)
  • 暗号通貨=Crypto currency(クリプトカレンシー)
  • 暗号資産=Crypto asset(クリプトアセット)

となります。

 

それぞれの意味というか、何を指しているかというと、

結果的には、

 

全て同じ意味です!!

ではなぜ3つも名称があるのか、次項で解説します。

モヤモヤは少し晴れましたか?逆にもっとモヤモヤが溜まってしまった?

それぞれの使われ方と経緯

  • 仮想通貨=Virtual currency(ヴァーチャルカレンシー)

    皆さんは、「仮想通貨」が一番しっくりくるというか慣れ親しんでいる名称ではないでしょうか。

    仮想通貨という名称が広く一般に認知されるきっかけとなったのが、2017年に改正された「資金決済に関する法律」第2条5項に「仮想通貨」と明確に記載されたことに起因していると思います。

    個人的には仮想通貨は、仮想の世界で使う印象を受けるのであまりピンと来ていません。例えばゲームの中で使う通貨みたいな感じです。

    ビットコインは、現実の世界でお買い物もできますし、法定通貨にも交換できますしね。

 

  • 暗号通貨=Crypto currency(クリプトカレンシー)

    元々海外では、「Crypto currency(クリプトカレンシー)」という名称が一般的でした。Crypto currencyは日本語訳すると「暗号通貨」ということになります。

    私はこの暗号通貨という名称が一番ピンと来ていて、個人的にも好きな名称だし、特徴をよく表しているとは思うのですが、もしかしたら将来的には段々使われなくなる可能性が高い名称だと考えています。

 

  • 暗号資産=Crypto asset(クリプトアセット)

    皆さんはもしかしたら「暗号資産」の名称が一番しっくり来ていないかもしれませんね。実は私もピンと来ておりません。

    ただ、「暗号資産」が今後の本丸です!

    その理由は、G20などの国際会議でも「暗号資産(クリプトアセット)」の名称が一般化されており、これにならう感じで日本でも、2019年5月31日、「仮想通貨」を「暗号資産」と改称することなどを定めた、改正資金決済法と改正金融商品取引法が成立しました。

    金融業界の人などは「暗号資産」という名称がピンと来るのかな、と個人的には考えたりもしますが、どうにも「資産」という言葉は、土地・建物・証券などの印象が強いので、日常の決済に使われるようなイメージは湧きにくいですね。

blank
ビットコインは金(ゴールド)にもよく例えられるので、暗号資産という名称も悪くないかもしれませんね。

まとめ

今回のコラムを書くにあたり、サトシ・ナカモト氏が公表したビットコインのホワイトペーパーを読み返してみました。

そこには、Virtual currencyとも、Crypto currencyとも、Crypto assetとも、記載はありませんでした。

単に、coin(コイン)とかelectoronic coin(エレクトロニック コイン)と記載があるだけです。

ぜひ、本人の見解も聞いてみたいですね!

世界共通通貨=Universal currency(ユニバーサルカレンシー)とでも言うのでしょうか?

興味は尽きませんね。

blank

暗号通貨技能検定(初級編)は、ブロックチェーンに精通した業務を行っているプログラマーやエンジニアの方々からも支持されている検定資格です。なぜなら、難しく分かりにくい技術用語や単語を明確に理解し、「どの様な例え話を用い、他者へ伝えることができるのか!?」を知れる、日本で唯一の検定講座だからです。

講座は「お金について」を含め、1から重要な項目を前編後編合わせて3.5時間の中で、しっかりと学ぶことが出来る内容になっていますので、「興味はあるけれど講座についていけるのか、少し心配」という方であっても、安心して受講いただけます。

日々の生活や仕事はもちろん、ビジネスや新たなチャレンジにも役立つ資格であるため、他の受講生の皆様とともに、しっかりと仮想通貨システムおよびブロックチェーンの理解を深めていただけたら幸いです。

受講で得られる『7+3の学びと活動』
  • 学び①:お金の本質、仮想通貨システムの本質
  • 学び②:ブロックチェーンの活用事例
  • 学び③:キャッシュレス化の現状と未来
  • 学び④:フィンテックの可能性
  • 学び⑤:情報共有(分散型台帳技術)の重要性
  • 学び⑥:企業ではなく「あなた」が活躍する時代
  • 学び⑦:ブロックチェーンが創造する未来
  • 活動①:伝え方のスキルアップとコミュニケーション能力を向上する
  • 活動②:SDGsの達成に向けた仮想通貨システムの活用を伝える
  • 活動③:公認暗号通貨技能アドバイザーとして各地で講座を開催する

本質を学び活かすことができる、暗号通貨技能検定(初級編)とは!?
↓↓↓
blank

Scroll to Top