Facebookリブラのパートナー企業の契約書に法的拘束力なし ーニューヨーク・タイムズ紙分析ー

もうじき関東も梅雨明けの時期でしょうか。

梅雨もうっとしいですけど、夏も暑くて個人的にはあまり好きではありません。

秋と冬が恋しい今日この頃です。

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、「Facebookリブラのパートナー企業の契約書に法的拘束力なし」と米紙「ニューヨーク・タイムズ」が分析した、とクーリエ・ジャポンが報じていたので取り上げてみたいと思います。

リブラに出資した企業の数は?

リブラのプロジェクトにはそうそうたる企業が名を連ねております。

出典:libra公式HP

このメンバーの中でリブラプロジェクトに出資した企業の数や金額はどのくらあるのでしょうか?

答えは、

ゼロです。

フェイスブックによれば、27社のパートナーは少なくとも1000万ドルを拠出し、2020年に発足予定のリブラ協会に参加することになっているが、いまのところ金を払ったパートナー企業はない。パートナー企業の多くはリブラの先行きがもう少し明確になったところで、正式に参画するかどうかを決定すると、前出の7社の経営幹部は見ている。

引用元:クーリエ・ジャポン
パートナー企業すらフェイスブック仮想通貨「リブラ」に不信感を持つ理由(2019/07/08)

厳密には、現在のところゼロで、今後はあるかもしれないということですね。

出資企業がゼロの理由とは

クーリエ・ジャポンは以下のように報じています。

パートナー企業たちはフェイスブックを完全に信用しているわけではない。彼らがリブラに参画したのは、契約書に法的拘束力がなかったことが大きい。

7社のパートナー企業の経営幹部に匿名を条件に取材したところ、パートナー企業にはデジタルトークンの利用および推進の義務はなく、プロジェクトの方向性に同意できなければすぐに手を引くことができるという。

引用元:クーリエ・ジャポン
パートナー企業すらフェイスブック仮想通貨「リブラ」に不信感を持つ理由(2019/07/08)

契約書に法的拘束力がない!

正直びっくりしました。

確か日本の法律では口頭での約束であっても契約として法的に有効と聞いたことがあります。

契約社会のアメリカでこのような内容の契約を締結したことに少し驚きを隠せません。

現状のパートナー企業は、一先ず「看板」は貸しておいてプロジェクトの進捗を確認しながら、出資するか撤退するか、の意思決定をするための猶予期間ということでしょうか。

ゆる~い感じの契約ですね。

blank

今もパートナー企業を募っている

また、以下のようにも報じられていました。

フェイスブックはパートナー企業をいまも広く募っている。同社の広報担当者エルカ・ルックスは「これから数ヵ月間は、新たなパートナー企業を歓迎し続ける」という声明を発表。

引用元:クーリエ・ジャポン
パートナー企業すらフェイスブック仮想通貨「リブラ」に不信感を持つ理由(2019/07/08)

今後も法的拘束力がないという契約内容であれば、これからもパートナー企業も増えていくのではないでしょうか。

blank

 

まとめ

このニュースはあまり報じられていないかもしれませんが、皆さんはどう感じられましたか?

私も最初はびっくりして、リブラ大丈夫か!と考えてみたりしました。

しかし、

法的拘束力がなく、参加も撤退も自由

これは、ビットコインネットワークのノードと一緒です。

[su_highlight background=”#91e2ff”]Peer to Peer(P2P)の精神が具現化されています。[/su_highlight]

そう考えるのは私だけでしょうか。

きっと、そうではないはずです。

blank

暗号通貨技能検定(初級編)は、ブロックチェーンに精通した業務を行っているプログラマーやエンジニアの方々からも支持されている検定資格です。なぜなら、難しく分かりにくい技術用語や単語を明確に理解し、「どの様な例え話を用い、他者へ伝えることができるのか!?」を知れる、日本で唯一の検定講座だからです。

講座は「お金について」を含め、1から重要な項目を前編後編合わせて3.5時間の中で、しっかりと学ぶことが出来る内容になっていますので、「興味はあるけれど講座についていけるのか、少し心配」という方であっても、安心して受講いただけます。

日々の生活や仕事はもちろん、ビジネスや新たなチャレンジにも役立つ資格であるため、他の受講生の皆様とともに、しっかりと仮想通貨システムおよびブロックチェーンの理解を深めていただけたら幸いです。

暗号通貨技能検定で、7つの自信を確立する
  1. キャッシュレス化の波をつかむ
  2. ブロックチェーンの活用事例を知る
  3. フィンテックの可能性を理解する
  4. 実践的な活用方法を知る
  5. ビジネスで活かせる資格を得る
  6. 周りからの質問に分かりやすく答えてあげる
  7. ブロックチェーンでどのような未来が創造されるのかを理解する

本質を学び活かすことができる、暗号通貨技能検定(初級編)とは!?
↓↓↓
blank

 

Scroll to Top