暗号通貨技能検定講座

暗号通貨技能検定とは

SDGs(持続可能な開発目標)の達成に向け国連も研究を始めたと仮想通貨(暗号資産)システムとブロックチェーン技術を対象に、それらの理解力向上と使用促進・決済導入の普及を目的とした、一般社団法人日本クリプトコイン協会が主催する独自の教育カリキュラム講座および検定試験です。

01 概要

  • 技能検定講座は仮想通貨システムおよびブロックチェーン技術の本質を学びたい方に適しています
  • 書籍を読んでも、有料動画を見ても「点と点が繋がらない」と疑問をぬぐえない方に喜ばれています
  • 仮想通貨システムやブロックチェーン技術に関する事前知識は必要ありません。興味と前向きな姿勢があり16歳以上であれば、国籍問わず、どなたでも受講できます

02 種別

  • プラクティス講習は、仮想通貨システムの簡単な解説やペーパーウォレットやスマホウォレットを使った実践的な使用方法およびセキュリティーを学びます
  • 初級検定講座は、初心者の方であっても、仮想通貨システムとブロックチェーン技術の本質を1日で学び資格取得を目指します
  • 上級検定講座は、SDGsの達成にも貢献できる実践的な知識も習得でき、初級検定講座後の検定試験に合格した方のみ受講できます

03 ポイント

  • 初級検定講座には上級検定講座以上に大切なことも含まれておりますので、必ず初級検定講座から受講していただくよう、お伝えしています
  • 講師として全国で初級検定講座を開催できるのは「公認インストラクター」の資格所有者のみです
  • 公認インストラクターの申込みは、インストラクター養成講座にて受け付けています
DSC_0021

プラクティス講習

13,000円(税抜)

初級検定講座

35,000円(税抜)~

P1540461__cc-495cbd2e

上級検定講座

96,000円(税抜)

Scroll to Top