bankpay バンクペイ

Bank Pay(バンクペイ)先行取り扱いを開始!~金融機関口座を使ったスマホ決済~

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、2019年10月31日から日本電子決済推進機構が新たにローンチしたサービス、「Bank Pay」の話題を取り上げてみたいと思います。

Bank Pay(バンクペイ)とは

Bank Payとは、利用者が加盟店の店頭にてスマホをかざすだけで、銀行口座から直接支払いができるサービスです。

例えるなら、

デビットカードのスマホ版です。

登録した銀行口座に残高がある限り、決済に使えるタイプです。(2019/10/31現在)

今後は、プリペイド(カード、アプリ)等のサービス拡大も計画されているようです。

出典:Bank Pay公式ホームページ

個人的に、デビットカードは使いすぎてしまう可能性があるので、プリペイドカードか、デビットカードの場合は専用の口座を作って、お小遣いしか入れないようにしています。

キャッシュレスが便利なのは間違いないのですが、若干「お金」を払っている感覚が「現金」より薄くなってしまうので、私はこのように工夫して使っています。

Bank Payには、私みたいな人間でも使いすぎないように、金融機関が設定した1日あたり、1回あたりの上限額の範囲で決済したり、金融機関が設定した上限額を超えない範囲で、利用者自身で1日あたり、1回当たりの上限額を設定でき、使いすぎの防止が出来るようになっています。

口座登録可能な金融機関

現在(2019/10/31)は下記に記載する17行が登録可能です。もちろん順次拡大予定とのことです。

  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • りそな銀行(2019年11月中旬サービス開始)
  • 埼玉りそな銀行(2019年11月中旬サービス開始)
  • 秋田銀行
  • 群馬銀行
  • 福井銀行
  • 静岡銀行
  • 百五銀行
  • 京都銀行
  • 百十四銀行
  • 伊予銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 福島銀行
  • 愛知銀行
  • 第三銀行

地方銀行が思いのほか充実していますね。

地域の活性化にキャッシュレス決済を!という思惑でしょうか。

blank
出典:Bank Pay公式ホームページ

決済に利用できる加盟店

Bank Payでお支払いができる加盟店は、約500か所。(10月31日時点の申し込みベース)

福岡県・福井県・三重県から開始し、11月以降も兵庫県・山口県・熊本県・宮崎県・大分県・鹿児島県と順次拡大していく予定だそうです。

私が住む関東はまだ先のようですね。

まずは加盟店の拡大が、普及のカギになるのではないでしょうか。

blank
出典:Bank Pay公式ホームページ

問題点とまとめ

Bank Payには大問題点があります!

24時間365日利用できるわけではないんです。

金融機関が決済可能な時間帯のみ使用できます。

詳しい時間帯は、「口座登録可能金融機関一覧」でご確認ください。

利用できない時間帯は早朝だったり、深夜だったりがほとんどですが、ちょっと使い勝手が悪いと思うので、解消して欲しいとは思います。

また、いわゆる「なんちゃらペイ」が1つ増えたことになります。

現在は囲い込みをするための、キャンペーンなどたくさんあって、なかなかどれが自分にあっているか判断するのは難しいかもしれませんが、お気に入りを1~2つあれば実際は十分かな~とは個人的に思っています。

かくいう私は、今のところ普段の店頭でのお買い物は、デビットカード1枚、プリペイドカード1枚、なんちゃらペイ1つで快適ですよ!

記事の理解を深める初級検定講座の詳細はこちら>>

Scroll to Top