暗号通貨取引所って何?

暗号通貨取引所とは

みなさまこんにちは。

暗号通貨技能アドバイザーの鋤咲です。

本日は、タイトルの通り。

「暗号通貨取引所」ってなに?

でございます。

暗号通貨取引所 定義

暗号通貨の取引所とは

その文字通り、暗号通貨の取引をしたい人が

集まる場所、という感じです。

 

しかし、場所とはいっても実際に存在している

わけではなく、あくまでもインターネットの

中のお話です。

 

いちばん有名なのはビットフライヤーでしょうか。

女優の成海璃子さんがCMをしていましたね。

 

いや、お美しいですよね。

 

すみません、話がそれてしまいました。

取引所はたくさんある!

blank

暗号通貨の取引所では、暗号通貨の売買がされているんだ、

ということはわかっていただけたと思います。

しかし、どの取引所がいいのかという疑問は、

かならずついて回ります。

 

最近では、ハッキングや資金流出などの

ニュースも度々聞かれています。

 

暗号通貨の取引所は、当然日本だけでなく

世界中にたくさんあります。

そのすべてを把握してどこの取引所がいいのか

判断するというのは、物理的に不可能です。

 

そんな状態を救うべくとも言いましょうか。

 

日本国内にある取引所に関しては、

金融庁による認可性での運営とすることが

2017年の9月ごろから始まりました。

 

現在の認可取引所は以下のとおりです。

株式会社マネーパートナーズ
QUOINE株式会社
株式会社bitFlyer
ビットバンク株式会社
SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社
GMOコイン株式会社
ビットトレード株式会社
BTCボックス株式会社
株式会社ビットポイントジャパン
株式会社DMM Bitcoin
株式会社ビットアルゴ取引所東京
エフ・ティ・ティ株式会社
株式会社BITOCEAN
株式会社フィスコ仮想通貨取引所
テックビューロ株式会社
株式会社Xtheta

※金融庁登録名簿順

この他に、現在認可の申請をしている最中の

みなし取引業者が15社ほど存在します。

 

この認可を受けている取引所は、

一定のセキュリティ基準と暗号通貨の

管理を行えているという指標になります。

 

ちなみに、ハッキング被害を受けて

相場に相当な変動を巻き起こした

コインチェックは認可待ちのみなし業者でした。

 

認可が降りていなかった原因としては、様々な

噂がありますが、取り扱っている通貨が多く、

その中に匿名性の極めて高い通貨があったことや

もともとからセキュリティーに関しての弱さが指摘

されていたことなどがいわれます。

 

これを見ると、金融庁の認可も

そこそこのしっかりした基準なのではないかと

考えることができそうです。

 

 

まずは、上記の取引所から選択してみることを

おすすめいたします。

どうやって取引所を選ぶの?

blank

上記の取引所から選択する、とは言いましても

それでも数多くの取引所があります。

 

ここから、自分にあった取引ができる

取引所を選択していくことになります。

取り扱われている通貨で選ぶ

暗号通貨取引所に登録すれば、

世界中にある全ての暗号通貨が

購入できる、というわけではありません。

 

取引所では、それぞれ取り扱っている

通貨が異なるのです。

 

自分が手に入れたい通貨を取り扱っている

取引所を選択しなくてはなりません。

 

取り扱っている通貨に関しては、その

取引所のホームページで確認することが

可能です。

手数料で選ぶ・・・?

blank

暗号通貨を買うこと、売ることの

それぞれに対して手数料がかかります。

 

その手数料の金額から

取引所を選択することもできます。

 

ですが、私はこの選択方法を

あまりおすすめしていません。

 

確かに、頻回に取引をして

売買によって利益を増やしていく場合は

手数料はとても大事なことです。

 

しかしそうなるためには、膨大な知識や

暗号通貨取引に対する慣れと経験も

必要になってきます。

 

そうなるころには、この記事に書いているような

内容はすっかり把握されていると思います。

 

暗号通貨に対して免疫がない方や

今勉強をはじめました、という方は

購入をする、売却をするという

暗号通貨の基礎的な取引をするために

使いやすい取引所を選択するほうが

良いのではないかな?と思います。

 

余談ですが、海外の取引所の中には

まったく手数料を取らないというところも

存在していました。

 

それは魅力的なことではあるのですが、では

一体何を利益に取引所をしているの?

 

という疑問が浮かんでくるのです。

なので、安すぎる手数料にも注意しましょう!

複数の取引所を持つべき

近年ではインターネット技術の進展が

めざましく、暗号通貨に対しての

ハッキングなどのニュースはよく聞かれると思います。

 

また、最近では、海外の取引所が

日本居住者に対するサービスの提供を

中止、ないし撤退するということが

起きつつあります。

 

そうなったときには、その取引所に

入っている自身の暗号通貨を速やかに

どこかに移動させるか、現金化して

出金するしかありません。

 

もちろん、現金にするのは避けたい所です。

 

金額が多ければその分手数料も

かかりますし、現金化するということは

利益の確定ということにもなるので、

税金の対象にもなります。

 

こういった事態が起こってから

一から取引所をもう一つ作る、となると

手間もかかりますし、即座に対応は

できません。

 

セキュリティーの高さや犯罪への

対策は素晴らしいことなのですが、

その分登録をするときには、個人の認証など

時間がかかってしまうのです。

 

ですので、最低でも2つ以上の

取引所を開設することをおすすめいたします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回みなさまにお伝えしたいことは、

  • 暗号通貨取引所で暗号通貨の売買ができる。
  • 取引所はたくさんあるが、認可があるところは、信頼が置ける。
  • 手数料よりも使いやすさを重視してほしい。
  • 複数の取引所を持つべき。

といったことです。

あくまでもごく基本の部分にはなりますが、

基本をないがしろにすることはできません。

 

みなさまの暗号通貨ライフが

より楽しくなれば幸いでございます。

 

 

暗号通貨に関する、技術・知識の向上や

もっといろいろなことが知りたい!というかたは

こちら! →暗号通貨技能検定 初級

 

こちらでも暗号通貨に関する

情報を提供しております。よろしければ

御覧ください →ぱいんの暗号通貨な秘密基地

(鋭意編集中です)

Scroll to Top