暗号通貨技能検定マンガ

2009年に暗号通貨ビットコインが公開されました。
それは数年でまたたく間に世界中へと広がりました。

しかし、そんな暗号通貨も世界の国々によって認識や捉え方は様々です。

このマンガは個性あふれる8人のキャラクターを通し、インターネットの様に世界中の人々が日常的に関わる事となる暗号通貨の基礎知識を凝縮させたマンガ教材です。

[scramble post_id=53]
一人でも多くの方がこのマンガを手に取り、暗号通貨に対して親しみを感じていただけたら嬉しいです。

暗検へ行こう!: 仮想通貨・暗号通貨の基礎知識 (一般社団法人日本クリプトコイン協会)

blank

暗号通貨技能検定(初級編)は、ブロックチェーンに精通した業務を行っているプログラマーやエンジニアの方々からも支持されている検定資格です。なぜなら、難しく分かりにくい技術用語や単語を明確に理解し、「どの様な例え話を用い、他者へ伝えることができるのか!?」を知れる、日本で唯一の検定講座だからです。

講座は「お金について」を含め、1から重要な項目を前編後編合わせて3.5時間の中で、しっかりと学ぶことが出来る内容になっていますので、「興味はあるけれど講座についていけるのか、少し心配」という方であっても、安心して受講いただけます。

日々の生活や仕事はもちろん、ビジネスや新たなチャレンジにも役立つ資格であるため、他の受講生の皆様とともに、しっかりと仮想通貨システムおよびブロックチェーンの理解を深めていただけたら幸いです。

暗号通貨技能検定で、7つの自信を確立する
  1. キャッシュレス化の波をつかむ
  2. ブロックチェーンの活用事例を知る
  3. フィンテックの可能性を理解する
  4. 実践的な活用方法を知る
  5. ビジネスで活かせる資格を得る
  6. 周りからの質問に分かりやすく答えてあげる
  7. ブロックチェーンでどのような未来が創造されるのかを理解する

本質を学び活かすことができる、暗号通貨技能検定(初級編)とは!?
↓↓↓
blank

Scroll to Top