LINE Pay(ラインペイ)銀行振込サービスを開始 !

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

本日は、LINE Pay(ラインペイ)銀行振込サービスを開始、という話題を取り上げてみたいと思います。

国内決済サービスで初!残高を法人・個人の銀行口座へ振込可能

LINE Pay株式会社は、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」の送金機能拡充をおこない、12月9日より、「LINE Pay残高」を法人・個人の銀行口座へ振込できるサービスを開始しました。

本サービスは、「LINE Pay」アプリ、もしくは「LINE」アプリのAndroid対応端末からご利用いただけます。

残高を銀行口座に振込可能にするのは、国内決済事業者として初となります。と、ラインのプレスリリースで発表されました。

次項から、特徴などまとめてみます。

出典:LINEプレスリリース(2019/11/26) 今回の記事の内容とは関係ありませんが、現在ラインペイでは「年末感謝クーポン祭」を実施中です!

新機能・銀行振込

「LINE Pay」アカウント残高から、手ごろな手数料で法人・個人の銀行口座に振込できるサービスで、スマートフォンさえあれば、24時間365日どこでも利用することができる、とのこと。

特徴

  • スマホだけで簡単に銀行振込が可能
  • 相手の銀行口座を知っていれば、インターネットバンキングと同じように振込可能
  • 相手の銀行口座を知らなくても、相手の名前と電話番号やEメールアドレスを知っていれば、残高から振込可能
  • 法人の口座への振込も可能
  • 金融機関のインターネットバンキングに比べて、曜日時間帯によって変動しないシンプルかつ日常的にお使いいただきやすい料金設定(手数料1回176円税込み)

LINE Payの安心安全な利用に向けた取り組みはこちらからご確認いただけます。

相手の銀行口座を知らなくても、振り込みができるのは凄いですね!

利用方法

振込方法

  1. 「LINE Payアプリ」もしくは「LINE」内「ウォレット」タブの「送金」から、「口座に振込」を選択する。
  2. 相手の口座番号を知っている場合は「口座番号」、電話番号やメールアドレスを知っている場合は「SMS・Eメール」を選択し、必要情報を入力する。
  3. 振込額を設定する。
  4. 口座情報や手数料の確認をする。(一律176円/回(税込))
  5. あらかじめ設定した6桁の「LINE Pay」専用パスワードを入力する。
  6. 振込指示完了。最短で即時に相手の口座に入金されます。

受取方法

銀行口座で受け取った場合は、受け取り側でご自身の口座への着金をご確認いただけます。

SMSやEメールで送り手から振込通知を受け取った場合には、SMSやメールに表示されているリンクをタップすると、振込まれた内容が確認できます。

振込通知受領後、別途SMSやメールで認証番号が通知されますので、認証番号を入力して本人確認を行い、受け取りたい口座情報を入力することでお受け取りいただけます。

※注意! SMS・メールで通知されたリンクの有効期間内にお受け取りください。有効期間は送り手から通知を受け取った当日を含む7日間となります。有効期限が切れた際は振込金額を受け取ることができず、送り手の残高に返金されますので、ご注意ください。

blank
出典:LINEプレスリリース(2019/12/09)

まとめ

“スマートフォンさえあれば、24時間365日どこでも利用”することができるのは、ビットコインと同様で、営業日しか着金しない銀行と違って断然メリットがあると思います。

送金手数料もお安めですが、そこだけとったら、手数料無料のアプリやネット銀行もあるので、特筆すべきことではないかもしれません。

ただ、いつも使っているチャットから簡単に送れるのは、とても良いですね!

LINE Payは、日本円の送金ですが、

フェイスブックのリブラが発行された暁には、メッセンジャーでチャットをするように、気軽に簡単にリブラ(仮想通貨)を送れるようになっているはずです。

銀行さんも、頑張らないとな~。

三菱UFJが、デジタル通貨でリクルートと共同出資会社設立、というニュースも飛び込んできているので、そちらも日を改めて寄稿してみたいと思います!

記事の理解を深める初級検定講座の詳細はこちら>>

Scroll to Top