リブラ協会

10月14日は、リブラにとって命運を握る日

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

台風19号の被害に遭われた方に、お見舞い申し上げます。

私の自宅も直撃致しましたが、大きな被害もなく、事なきを得ました。

さて本日は、フェイスブックのリブラにとって、明日10月14日は命運を握る日になるかもしれない、という話題を取り上げてみたいと思います。

スイスのジュネーブに、リブラ協会のメンバーが集結

The Wall Street Journalが報じたところによると、10月14日にリブラ協会のメンバーが、スイスのジュネーブに集結します。

集結する目的は、

  • リブラ協会の憲章を、策定(承認)
  • 取締役会の任命

と、されています。

よって明日に、正式なリブラ協会のメンバーが決定され、憲章も承認される可能性が高いです。

現在リブラ協会への参加に際し、締結した契約書には、法的拘束力がないので、メンバーは暫定的・流動的です。

新たな脱退を表明する企業もあるかもしれません。

一方で、1,500の事業体が「リブラ協会への参加に興味を示している」と、リブラ協会の広報責任者が過去に発言しており、リブラのウォレットを開発するカリブラ(Calibra)のデビッド・マーカス(David Marcus)CEOは、数週間以内に協会メンバーの最初の増員を行うことを明らかにしています。

その発表は数週間以内に行うことを自身のTwitterに投稿しています。

スイス ジュネーブ

リブラの今後の鍵を握るメンバー

リブラのミッションは、公式HPで下記のように謳われています。

Libraのミッションは数十億人のエンパワーメントにつながる、シンプルでグローバルな通貨と金融インフラを提供することです。
通貨のしくみを変える。世界経済を革新する。その結果、世界中の人の生活が向上する。

引用元:リブラ公式HP(グーグルによる翻訳のまま)

要するに銀行口座を持たない(持つことができない)人たちにも、現代の金融システムに参加できるようにすることです。

そういった意味で、現在のところ参加を表明している、非営利組織の4団体の動向が重要になるかもしれません。

その4社とは、

  • クリエイティブ・ディストラクション・ラボ(Creative Destruction Lab)
  • キヴァ・インターナショナル(Kiva International)
  • マーシー・コー(Mercy Corps)
  • ウィメンズ・ワールド・バンキング(Women’s World Banking=WWB)

です。

特に、ウィメンズ・ワールド・バンキングとマーシー・コーは少し強硬な姿勢を示しており、コインデスクに対し下記のように語っています。

自分たちのミッションにリブラが役立たない場合には、留まることはないとCoinDeskに語った。

引用元:コインデスクジャパン
Facebook「リブラ」はクレイジーでない:非営利団体幹部(2019/10/13)

リブラ非営利組織

まとめ

明日から、今後数週間以内でリブラ協会のメンバーや、今後の方針などが明確になってくるかと思います。

注目すべき新しい情報がありましたら、随時ご報告させていただきますので、当協会のHPをご確認くださいませ!

記事の理解を深める初級検定講座の詳細はこちら>>

Scroll to Top