沖縄タイムス「らくら」(最終回)

梅雨が明けたはずの沖縄で今週末は大雨予報です。
このようなことは過去に記憶がありませんので、改めて注意していきたいものです。

過去に受けた連載取材で掲載された記事をご紹介したいと思います。

沖縄タイムス「らくら」連載 最終回

沖縄タイムス「らくら」での連載、第3回目の様子をお届けいたします(最終回

第1回:vol.68(2018年10月発行)
第2回:vol.69(2018年12月発行)
第3回:vol.70(2019年2月発行)

 

第3回:Vol.70(2019年2月発行)表紙
blank
第3回:Vol.70(2019年2月発行)紙面

連載を終えて

初取材では2時間にわたり意見を交わしましたあと記者からは、
限られた文面の中で読者からのアンケートと私の意見をまとめるのは大変難しい」という感想を頂きました。

取材として初級講座を受講して頂きました。

ますます読者や編集部の求める内容と本質は別物だと感じ困難な様子。

実際、記者の方からいただいた原稿に対しても私は違和感の連続でした。
記者側もそこは察しており、編集部との双方を繋げるために何度も何度も修正を繰り返していただきました。

大変ご尽力いただき本当に感謝申し上げます。

以下、記者からのメールの一部を転載します。

「ついに連載最終回が発行されましたね。
これまでに何か反響はありましたでしょうか?
3回の連載を通し、砂川さんには本当に丁寧にご対応をいただき、
また私をフォローしていただき、本当にありがとうございました。
少しでも、暗号通貨の知見を広めることに役に立てたのであればうれしく思います。」
 
おかげさまで「らくらを見たよ」と複数名の方から連絡を頂きました。
初級講座の受講者の中にも記事を拝見した方もいらっしゃいました。

本当にありがとうございました。

紙面連載に至るまでを振り返る

はじまりは昨年8月に私のメッセンジャーに担当記者から取材依頼のメッセージが入ったことでした。
しかし、私の設定では友達登録をしていない方からはお知らせが出ないため、気づかずに数日が経ったところ協会本部に連絡が入りました。

「なぜ私にコンタクトを取ったのですか?」
との問いに記者は一言、

「新聞媒体に掲載できる方だと感じたからです」
と返事を頂きました。

私は記者とは面識はありませんでしたので、記者がそのように安心感を感じた経緯にはクリプトコイン協会があったからだと思います。

協会を通して活動する一人一人の積み重ねが時の経過とともに厚みのある信頼となる。

私はその過程で協会をもっと知っていただき、後にそれが協会を通して活動する個人の大きな力となることを望みたいと思います。

blank

暗号通貨技能検定(初級編)は、ブロックチェーンに精通した業務を行っているプログラマーやエンジニアの方々からも支持されている検定資格です。なぜなら、難しく分かりにくい技術用語や単語を明確に理解し、「どの様な例え話を用い、他者へ伝えることができるのか!?」を知れる、日本で唯一の検定講座だからです。

講座は「お金について」を含め、1から重要な項目を前編後編合わせて3.5時間の中で、しっかりと学ぶことが出来る内容になっていますので、「興味はあるけれど講座についていけるのか、少し心配」という方であっても、安心して受講いただけます。

日々の生活や仕事はもちろん、ビジネスや新たなチャレンジにも役立つ資格であるため、他の受講生の皆様とともに、しっかりと仮想通貨システムおよびブロックチェーンの理解を深めていただけたら幸いです。

暗号通貨技能検定で、7つの自信を確立する
  1. キャッシュレス化の波をつかむ
  2. ブロックチェーンの活用事例を知る
  3. フィンテックの可能性を理解する
  4. 実践的な活用方法を知る
  5. ビジネスで活かせる資格を得る
  6. 周りからの質問に分かりやすく答えてあげる
  7. ブロックチェーンでどのような未来が創造されるのかを理解する

本質を学び活かすことができる、暗号通貨技能検定(初級編)とは!?
↓↓↓
blank

Scroll to Top