中央銀行と暗号通貨

NOTE|暗号通貨への中央銀行の攻撃は「レガシービジョン」であり、DeFiの「革命的なメリット」を認識できていない

はじめまして、当協会代表理事の山下健一@Kenichi_Y)です。

 

今回は、暗号通貨の革命的な利点に焦点を当てました。金融の分散化に注目が集まる昨今、既存の金融機関は中央集権的な組織のままで良いのでしょうか。

 

それでは、本文をご覧ください。

「中央銀行の中央銀行」とも呼ばれる国際決済銀行(BIS)が今週発表した最新レポートには、貨幣の信頼を国や銀行が独占しようとしたことに対し、これは多くの新しいリスクをもたらす「レガシー・ビジョン」であることを示しており、BISはまだ始まったばかりの暗号通貨業界の「革命的な利点」を認識していないと強調しています。

 

その中でも、BISレポートの将来の通貨システムに関する章では、BISのゼネラルマネージャーであるアグスティン・カーステンスが今週火曜日に公式に伝えた次のコメントが、暗号通貨コミュニティの注目を集めました。

お金の魂(たましい)は、大きな技術にも、匿名の台帳にも属さない事にあります。お金の魂とは「信頼」です。

レガシー機関

暗号交換AAXの研究および戦略の責任者であるベン・キャセリン氏によると、BISは、そのレポートと対応するコメントとともに、「デジタルマネーのレガシービジョンを保護し、支持するレガシー機関」であることを強調しています。

「『お金の魂』に関しては、中立性はありえず、BISの最新の報告書はこれを強調している」とキャセリン氏は Cryptonews.com に語っている。

彼は、法定通貨システムはすでに「通貨の堕落(だらく)と恣意的(しいてき:気ままな、自分勝手なさま。)な政策変更」に悩まされていると指摘しました。CBDC(中央銀行デジタル通貨)は、これをより長く続けるための努力であり、「プライバシー、金融の自律性、そして最終的には包含(ほうがん:法定通貨の問題を現状維持する)」をめぐるリスクも付加されると伝えています。

 

さらに、AAXの調査責任者は、ビットコイン(Bitcoin)がCBDCの代替物として、先進国と新興国の両方の市場で採用され続けていることを指摘しました。そして、キャセリン氏によると、ビットコインを採用する人たちは、”抑圧や暴力に対するヘッジ “としても捉えているそうです。

「いかなる単一団体にも支配されず、いかなる単一国にも主張できない非主権通貨を採用することで、人々は市民権を再想像・再定義し、基本的だが核となる価値や権利をこれからの新しいデジタル経済に持ち込むことができる 」とキャセリン氏は述べています。

暗号通貨はまだ「テスト段階」である

暗号通貨のブローカーでありグローバルブロックのアナリストでもあるマーカス・ソティリウ氏によると、BISの新しいレポートでは、グローバル通貨システムの安全性と安定性の重要性などについて、いくつかの点で正しいと語っています。

 

しかし、この報告書が認識していないのは、暗号通貨産業がまだ13年目であり、「我々はまだテスト段階を経ている」とソティリウス氏はCryptonews.comに語っています。

 

「USTステーブルコインで見られたように、多くのプロジェクトには失敗があるでしょうが、これは自然淘汰のプロセスの一部です。これはドットコムバブルと比較することができ、ほとんどのテクノロジー企業が失敗したが、一部は今日の世界最大で最も革新的な企業になった」と述べました。

 

今週は、イングランド銀行副総裁のジョン・カンリフ氏でさえ同様に次のような発言をし、現在のクラッシュをドットコムブームと比較しています。

「多くの企業が消えていったが、技術は消え去らなかった。10年後に技術が復活し、生き残ったAmazonやeBayが支配的なプレーヤーになった」と、Bloombergの記事を引用し述べています。

一方、ソティリウ氏は、ビットコインはインターネットのグローバルマネーとしての役割を狙っているが、「ほとんどの暗号通貨はマネーを目指しているわけではない 」と付け加えた。

 

むしろ、特定のブロックチェーンネットワークを運用するために使われる資産となることを目指し、それが「独自の問題を解決する」のだと語っており、「ほとんどの暗号資産が価値を持つ理由は、それらが貨幣システムにどれだけ適しているかよりも、それらが使用されるネットワークが成長するためです。」と述べました。

 

最後にソティリウス氏は、現在のところDeFiには “多くの欠点 “が存在するが、この報告書はその 「革命的な利点 」を認識していないと指摘しました。

「世界には銀行口座を持たない人々が10億人以上おり、DeFi(分散型金融)はこうした人々のためのソリューション(問題解決方法)となり得る。「グローバルブラックのアナリストは、銀行の代わりに暗号通貨を使用するためにインターネットにアクセスできる人々も少なくない」と述べました。

まとめ

現在の金融の在り方は、一部の者がルールを作り、そのルールに従い活動するしか術がない状態です。これは人単位のみの話ではなく、国単位においても同様の事が言えます。

 

通貨を支配しているのは米国であり、その状況を打破しようと中国が動いています。しかしながら、通貨とは元々、物の代替え資産であり、その物は地球が私たちに無償で与えてくれた資産です。

 

しかし、物(いつか腐る)の代替えであるはずの通貨を人は無限に生み出せるというルールを作ってしまいました。もちろん、その結果として貧富の差が小さくなり多くの人々がより幸せに生きられる世界が創造できているのであればであれば、何の問題もありません。

 

では、今の世界はその様な状況になっているのでしょうか、、、

 

エルサルバドルがビットコインを法定通貨と認め、その他の小国もそれに続くという状況が続いています。また、国という団体ではなく「DAO(分散型自立組織)」という、国境を越え同じ価値観を持つ者同士の団体の在り方にも注目が集まり始めています。

 

今一度、世界のあり方に疑問をもち、その環境の中で何とかして生きるという選択肢ではなく、現在を再構築しより良くするにはどうすれば良いかという視点と、それを実行に移す行動力を持ちたいものです。

代表理事 山下健一

初級検定講座

暗号通貨技能検定のお知らせ

こんな想いの方々が受講されています

  • 暗号通貨やブロックチェーンについて、知識の有無にかかわらず興味関心がある。
  • 同一労働・同一賃金が施行された中、資格を得て他者との収入に違いを出したい。
  • 自社のビジネスにブロックチェーン技術がどの様に導入できるのかを知りたい。
  • SDGsの目標達成に対し、ブロックチェーン技術がどの様に関係していくのかを知りたい。
  • 暗号通貨の正しい知識をもち、どの暗号通貨に注目したらよいのか等の明確な判断力を付けたい。
  • 暗号通貨の始め方や取り扱いを覚えたいが、書店に並んでいる本やYoutubeを見ても理解が進まない。
  • 講師としての資格を取得し、より多くの方々へ暗号通貨の思想やブロックチェーン技術の概念を伝えたい。
初級検定講座

投稿者プロフィール

アバター
山下健一代表理事
暗号通貨の思想とブロックチェーンの概念は、金融システムをより安全に低コストで運用できるだけでなく、銀行口座を持たない20億人の生活環境を底上げします。また、寄附や募金へ広く活用されることは、SDGsの達成にも貢献する事でしょう。一人でも多くの方と共に、正しい暗号通貨システムの可能性を学び、実生活や仕事にも取り入れて頂けるよう、当協会はこれからも「暗号通貨技能検定講座」の開催を重ねて参ります。

【資格・受賞歴】
・日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー
・東久邇宮記念賞受賞
・東久邇宮文化褒賞受賞
・特許:特開2016-081134号
・特願:2018-028585