「資産運用×ゲーム」ブロックチェーンゲームとは

突然ですが、皆様は「ブロックチェーンゲーム」という単語を聞いたことはありませんか?

その名の通り、ブロックチェーンゲームとは、ブロックチェーン技術を駆使して作られたゲームです。

今回はゲームにブロックチェーンを導入することによってどのようなことが可能になるかを見ていきたいと思います。

ブロックチェーンゲームの仕組み

まずざっくりと仕組みをお伝えしますと、普通にゲームをプレイできるだけでなく、[su_highlight background=”#f3ff99″]キャッシュポイントが至る所に存在し、お金を稼ぐことができるシステム[/su_highlight]となっています。

ブロックチェーン技術を導入しているので、セキュリティが高そうなイメージは沸きますが、なぜこのようなことが可能になるのでしょうか。

次項以降で詳しく見ていきたいと思います。

キャラクターやアイテムがトークンで作られている

blank

まずブロックチェーンゲームを始めるためには、ゲームごとに指定されたウォレットを作成する必要があります。

そのウォレット内で仮想通貨(暗号資産)を利用して課金したり、逆に稼いだりすることができます

実はゲームの核となるキャラクターやアイテムがトークン(仮想通貨)で作られているのです。

この[su_highlight background=”#f3ff99″]キャラクターやアイテムを売買することで資産を運用[/su_highlight]することができます。

例えば強いキャラクターを育てて売れば即座に資産にはなりますが攻略が難しくなってしまう…など、通常のゲームよりも真剣に戦略を立ててプレイする層が多くなるかもしれませんね。

また、ブロックチェーンゲームではこのようなトークンで作られたキャラクターやアイテムは「アセット(資産)」と呼ばれています。

キャッシュポイントも様々

blank

アセットの直接売買以外にも様々なキャッシュポイントがあります。

ゲームのジャンルなどにもよりますが、例えばランキング上位報酬権利収入などです。

ただし、通常のゲームにはない注意点も存在します。

例えばセーブデータはweb上でなくブロックチェーン上に管理されているため、データの保存に手数料が必要だったりします。

また、通常のゲームと比較してキャッシュポイントが多い分、ペイする機会も多いという点も挙げられます。

そして資産の管理はトークンで行われるため、法定通貨への変換が必要になります。

とはいっても、ブロックチェーンゲームの歴史はまだ始まったばかりなので今後どんどん進化していくでしょう。

また、[su_highlight background=”#f3ff99″]キャッシュレスが進めば法定通貨に変換する必要もなくなるかも[/su_highlight]しれません。

今回のテーマであるブロックチェーンゲームですが、この画期的なシステムはブロックチェーン技術の応用によってできています。

この世界を変えるかのような素晴らしい技術の本質を、どこよりも分かりやすく解説する当協会のセミナー「暗号通貨技能検定(初級編)」を通して、我々とともに更なる可能性を追求しませんか?

当サービスはブロックチェーンだけでなく、仮想通貨(暗号資産)の本質も理解することができます。

仮想通貨の本質を学ぶことが出来る、暗号通貨技能検定(初級編)とは!?
↓↓↓
blank

Scroll to Top