ADA(エイダコイン/カルダノ)とは

カルダノ(ADA)は、安全でスケーラブルな方法にて複雑なプログラムや価値の移転を可能にする分散プラットフォームです。イーサリアムの創設者の一人でもあるチャールズ・ホスキンソンCharles Hoskinsonよってカルダノは設立され、2015年に開発がスタートし、リリース前の2017年にはICOで約6,000万ドルを調達しました。

目次

カルダノとは

ホスキンソン氏は「カルダノは、科学哲学と研究優先のアプローチから進化した最初のブロックチェーンプラットフォームであり、Haskellプログラミング言語で最初に構築されたものの1つだ」と説明します。

 

カルダノは、以前に開発されたプロトコルよりも高度な機能を提供することを目指したスマートコントラクトプラットフォームを開発しています。開発チームは、専門技術者と研究者の大規模なグローバル集団で構成され、この規格は、柔軟な階層型ブロックチェーンソフトウェアスタックを備えています。

 

スケーラブル(適応能力)で、業界で最も厳しい学術および商用ソフトウェア標準を使用して開発されており、カルダノは、プロジェクトが時間とともに進化することを可能にする民主的な統治システムを使用し、財務システムを通じて持続可能な資金供給を目指します。

 

また、プライバシーの必要性と規制を組み合わせるので、カルダノの規制されたコンピューティングのスタイルは、より多くの財政的包摂を促進するだろうと、ホスキンソン氏は述べています。

 

カルダノ財団(Cardano Foundation)はスイスを拠点とし、カルダノエコシステムの開発を監督する独立した組織です。IOHKはカルダノを設計および構築しています。EMURGOは、商業的ベンチャーでカルダノを支援する営利団体です。このように、カルダノは、所有権とリーダーシップの両方が異なる3つの組織によってサポートされています。

 

カルダノの開発ロードマップは、バイロン、シェリー、ゴーゲン、バッショー、ヴォルテールの5つの時代に分かれています。それぞれの時代には独自の一連の機能があり、複数のコードリリースで順番に開発およびサポートされますが、各時代の開発は異なるシステム間で並行して同時に行われます。

 

カルダノには独自のブロックエクスプローラーもあり、ユーザーはブロックチェーンへ公に記録されているADAトランザクションの履歴を確認できます。

カルダノロードマップ

カルダノロードマップ

出典 IOHK

カルダノのマイニングとステーキング

カルダノは、ビットコインのようなアルゴリズム(PoW:プルーフ・オブ・ワーク)でのブロックチェーンでは動作しません。代わりに、「ウロボロス」と呼ばれる賭け証明アルゴリズムが存在します。これは、他の賭け証明アルゴリズムと比較しても、カルダノ独自の方法で機能します。

 

ウロボロスは「エポック」と呼ばれるタイムスロット(時間分割多重)を用います。これはシフトの実行と比較でき、各エポックは、カルダノブロックチェーン内のブロックの作成と確認を担当する「選出された1人のスロットリーダー」によって主導されています。

 

1つのスロットリーダーがそのエポックでトランザクションブロックを作成しない場合、次の「シフト」リーダーが試行します。1つのエポック内で最低50%以上のブロックが作成されます。

 

スロットリーダーによって作成されたブロック内のトランザクションは、賭け金に基づいて選出される入力承認者によって承認されます。各エポックに複数の入力エンドーサー(カルダノブランドを保証する別ブランド)が存在する可能性があります。

 

ウロボロの報酬システムには、Powなどのように大量の電力を使用してコインを採掘するのではなく、可用性とトランザクションの検証に対するインセンティブがあります。

 

カルダノブロックチェーンに参加することで得られる報酬は、3つの利害関係者(入力承認者、マルチパーティ計算利害関係者、スロットリーダー)に分配され、カルダノステーキングは、ロードマップのシェリー時代の特徴です

 

2020年にライブ配信されたShelley Incentivized Testnetでは、ADA保有者は、ステークを委任するか、ステークプールを実行することで報酬を獲得できます。

カルダノ(ADA)の取得方法

デジタル通貨をサポートする任意の暗号資産取引所でADAを購入します。セキュリティーが日々向上しており取引量の多い暗号資産取引所であるバイナンス(Binance)だと言われています。この暗号資産(仮想通貨)の取引所と取引ペアの最新リストについては、各取引所の通貨ペアをご覧ください。ADAは、取引所またはスマホアプリのウォレットでも保管できます。

blank

カルダノのこれから

米国にある仮想通貨取引所大手のコインベースが運営する『コインベースカストディ』にて、ADAのサポートを2020年Q4(10月から12月)に開始すると伝えられました。

 

コンセンサスアルゴリズムにはPoS(プルーフ・オブ・ステイク)を採用し、次期アップグレードである「Shelley」からはステーキングが導入されます。

IOHKは2020年7月3日に「Cardano Virtual Summit 2020」内にて、コインベースカストディとの契約を発表しました。コインベースカストディは、ニューヨーク州財務局に規制された機関で、米国の大手会計事務所が発行するセキュリティ認証も取得済。

 

IOHKは「従来の金融機関と同等の安全性を提供する」と説明し、コインベースカストディのコールドストレージ内でADAを保管できるため、安全性は十分に信頼に値するものだと説明。

 

これにより、機関投資家の参入が期待され2020年7月に入り、ADAの価格は、$0.08 から $0.13 まで大きく上昇しています。

カルダノ(エイダ)
初級検定講座

暗号通貨技能検定のお知らせ

こんな思いの方々が受講しています​

  • 様々な情報が飛び交っていて何が正しいのか分からない
  • 書店に並んでいる本やYoutube動画を見ても理解が深められない
  • 同一労働・同一賃金が施行された為、資格を得て収入に違いを出したい
  • 仮想通貨がどの様に活用されていくのかを知りたい
  • 自社のビジネスにブロックチェーン技術がどの様に導入できるのか知りたい
  • 新しい技術がこれからの社会経済をどのように変化させて行くのか興味がある
  • SDGs×ブロックチェーン技術の研究が世界で話題になっている本当の理由を知りたい
初級検定講座
Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on tumblr
Share on telegram
Share on email
Scroll to Top