QRコードピクチャーロジックパズルシステム[特願:2019-028585]「QR’z(キュアーズ)」を2月28日に公開

~QRコードをもっと身近にもっと楽しく~

協会(本社:大阪府大阪市 代表理事:山下健一)は、キャッシュレス社会において活用され始めているQRコードの利便性と実用性を「新たな広告の形」として多くの方へ周知するべく「QR’z(https://japancryptocoin.org/qrz/)」を2019年2月28日に公開しました。

■「QR’z」は広告とPRを兼ねた新たなパズルシステム
 キャッシュレス社会へと移行が進む中、QRコードをより身近に感じられる機会は世代を問わず重要です。そのような中、Web観覧できる環境さえあれば、世界中の誰もがQRコード化したピクチャーロジックパズルを解き、楽しみながら情報を入手できる機会は、新たな価値の創造に繋がるのではないかとも考え「QR‘z」を公開しました。
パズルプレイヤーは無料でQR‘zをプレイすることが可能です。企業や団体から送られた情報をQRコード化し公開することも可能。QRコードが隠されているマークを指定するマークへ変更し、公開することも可能です。

■ピクチャーロジック(お絵描きパズル)の進化系
今までのピクチャーロジックは、完成する前にどのような絵柄なのかを判断できました。しかし、QR‘zについては、一目見ただけでは規則性が判断できない絵柄である為、最後の1マスを終えるまで正解かどうかが分かりません。また、パズルを完成させた直後に、QRコードの情報を読み取ることが出来るため、完成したQRコードが「暗号通貨の秘密鍵」や「各社のギフトコードの情報」であれば、パズルを解く楽しみに加え、完成後の楽しみを直ぐに確認することが可能です。また「言葉のプレゼント」などでも喜ばれるでしょう。この様にQR’zの活用方法は様々な分野に応用でき、今後は我々が思いもつかないような利用方法もプレイヤーの皆様から提案いただけると考えています。

■今後の展開
個人や企業・団体が直接パズルを作成できる環境構築を目指します。これにより、必要なタイミングでPRしたい情報を発信できます。QRコードを隠しているマークも個別に変更することが可能。パズルを解くごとにポイントが蓄積され、ランキングも可能となります。パズルの公開を国別に限定し「カンボジア国内の人々にのみ公開する」という選択や、地図上で自作したパズルが世界のどの国で何人の人々がプレイしているか等も分かるようになります。

■QR’z概要
サイト名:QR’z(キュアーズ)
運営元:一般社団法人日本クリプトコイン協会(JCCA)
URL:https://japancryptocoin.org/qrz/
概要:様々な情報をQRコード化し、ピクチャーロジックパズルとして公開できるシステム
基本システム:QRコードからピクチャーロジックパズルを作成し、
       パズルを通して様々な情報発信とPRに活用できるシステムを提供
有料サービス:QRコード上に表示されているマークを直接更新できる
       顔写真や似顔絵およびコメントを直接更新できる
       URL情報のパズルを直接作成できる(リンク先の審査あり)
       作成できるパズルの数を段階的に増やせる
       その他、要望により導入可能
価格    :ユーザー使用料 =無料
       有料サービス(予定)=個人・企業・団体

一般社団法人日本クリプトコイン協会概要
代表理事:山下 健一(やました けんいち)
設立  :2014年7月11日
住所  :大阪市北区芝田1丁目1番4号 阪急ターミナルビル16階
協会HP : https://japancryptocoin.org
設立目的:ビットコインを初めとする暗号通貨(仮想通貨・暗号資産)の正しい普及活動および一人でも多くの日本人へ暗号通貨に対する正しい知識や技能を普及させるために設立。

Scroll to Top