ブロックチェーンでどこまでできるの? その可能性と課題を探る 他4記事

ブロックチェーンでどこまでできるの? その可能性と課題を探る
参考元:BIGLOBEニュース

同社では、分散型アプリケーションやスマートコントラクト(契約の自動化)を構築するためのプラットフォーム「Ethereum(イーサリアム)」上で、分散証券取引の検証を実施している。実際、同社のデモ環境で見ても、情報伝達のスピードはかなり不安定な状態であった。同社は「 …

金融サービスにFinTechの波。これからのシステム開発に求められるテクノロジー/システム基盤とは?
参考元:ZDNet Japan

金融系システムの世界に「FinTech」の波が押し寄せている。消費者との関係強化を目指したスピーディなサービス提供と高い可用性/保守性を両立させるには、どのようなテクノロジー/システム基盤が必要なのか?

インフォテリア、シンガポールのFinTech企業と金融決済サービスで提携
参考元:マイナビニュース

Dragonflyは東南アジアを中心に金融ソリューションサービス事業を行うFinTech企で、複数国間の決済ソリューションである「Transaction Ecosystem Platform Solution」(TEPS)などの金融サービスを手がけている。TEPSは、テックビューロのプライベート・ブロックチェーンで …

仮想通貨エターナルコインの取引所エターナルライブ 手数料1%、入金サイクル2営業日のエターナルコインを使った仮想通貨決済を提供開始
参考元:SankeiBiz

仮想通貨とはインターネットを通じて取引や決済を行うことができる新しい決済手段です。仮想通貨は全世界で約3,000種類以上あるといわれています。仮想通貨の多くは投機目的で利用されることが多く、投機対象として認知されているのが現状ですが、エターナルコインは他の …

本日20時からニコ生!ジサトラが自前のグラボで仮想通貨を掘っちゃうよ
参考元:ASCII.jp

手数料がほんのわずかなので、普通の通貨よりも安く送金できたり、取引情報をユーザーが自前のコンピューターで解析する作業(採掘、なんて呼ばれてたりします)で報酬を得られたり、と現行通貨にはない特徴が話題を呼んでいます。 そう、(一部の)仮想通貨は、自分のPC …

Scroll to Top