仮想通貨決済に保険 ビットフライヤーなど 他4記事

仮想通貨決済に保険 ビットフライヤーなど
参考元:日本経済新聞

国内大手の仮想通貨取引所ビットフライヤー(東京・港)とコインチェック(東京・渋谷)は損害保険会社と連携し、利用者がビットコインで支払った際にシステムの問題などで正しく送金

ビットコイン高騰一転、失速 規格分裂問題が重荷 30万円割れ続く (1/2ページ)
参考元:SankeiBiz

今春以降、急上昇していたインターネット上の仮想通貨「ビットコイン」相場にブレーキがかかっている。ビットコインの価格は5月に一時、

架空請求で奪った金を仮想通貨に交換 新たな手口に注意
参考元:ITmediaビジネス

詐欺業者が消費者から不正に入手した金銭を仮想通貨に交換し、取り戻すことが困難になるケースが増えているとして、国民生活センターが注意喚起している。

仮想通貨取引で韓国が世界1位、投資過熱か
参考元:NNAASIA

世界の仮想通貨市場で、韓国の取引量が6月に世界1位となったことが分かった。文化日報によると、ここ1カ月で世界の取引量が急減したにもかかわらず、

VALUを運用するにあたっての約束事。
参考元:BLOGOS

正統派ビットコイナーの平野淳也さんが例のVALUを始めるにあたり書かれた、こちらのブログにたいへん強い影響を受けたわけです。

 

 

_/_/_/_/_/ ピックアップ記事 _/_/_/_/_/
仮想通貨決済に保険 ビットフライヤーなど?
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

保険と言う商品は、人が生きて行く上では必要不可欠な存在になっている。

プルデンシャル生命の創業者が「相互扶助」の精神から、3セントの保険補創り、
一般の人々でも保険に加入できる仕組みをつくり、それは瞬く間に世界へと広がった。

この「相互扶助」という精神は、とても大切なのだが、よくよく考えれば、
ほとんどの家族の中では相互扶助の精神が成り立っている。

男女が結婚し子供が生まれ二人で育てる。子供に対して親は、
何があっても見捨てず、成人するまで養い成長を見届ける必要がある。
必要があるという言葉すら本来は必要ない。親は子供に対して、
必要なものや機会、そして愛情を与えるのみだ。

そして、親は子供から見返りを求めることはないし、金銭の要求も行わない。

何故か?

それは「家族」だからだ。

これは、世界中の人々が共通して持っている、意識だと私は感じている。

生まれた国や言語の違い、宗教の違いがあったとしても、
家族を守り与え見返りを求めないという意識は、
世界中の人々にとって不変だ。

では、この家族と言う意識が、友人にも持てたらどうだろう、
あなたのお隣さんとの間で持てたらどうだろう。

それが実現した時「保険」という商品は、
この世から存在しないものとなっているに違いない。

Scroll to Top