ビットコインを追い抜きそうな仮想通貨「イーサリアム」誕生の黒すぎる理由とは!?  他5記事

ビットコインを追い抜きそうな仮想通貨「イーサリアム」誕生の黒すぎる理由とは!? やはりアノ“陰謀一族”が絡んでいたことが判明!
参考元:TOCANA

「ポリンキー」のCMや「だんご3兄弟」で知られるメディアクリエイターの佐藤雅彦さんが、15年前の対談で子ども時代の興味深い体験を話している。

ココが知りたいビットコイン(2) 来年にかけて相場が上昇トレンドになる理由とは?
参考元:マネーボイス

書店、新聞、雑誌で、「ビットコイン」「仮想通貨」「ブロックチェーン」という言葉を目にすることが多くなりました。ビットコインは「特別なもの」ではなく、

「ヘッジファンドのビットコイン買い」と「日銀のETF買い」大相場の予感=江守哲
参考元:マネーボイス

ヘッジファンド業界でも真剣に議論されはじめた仮想通貨への投資。現時点での参入は少数派ですが、いずれは投資せざるを得なくなるとの指摘もあります。

モスクワにビットコインのATMが設置される計画
参考元:sputnik日本

モスクワのレストラン「Valenok」で最近、ロシアで初めてビットコインによる支払いが行われた。同レストランは、

政府、仮想通貨技術を実証へ 電子調達システムで試験導入
参考元:産経ニュース

政府が、仮想通貨の取引で中心的な役割を果たす「ブロックチェーン」と呼ぶ技術を行政活動の一部で今年度内に試験導入することが28日、分かった。業務効率化やコスト低減、情報の安全管理でどれほどの効果があるかを見極め、

独自の仮想通貨で資金調達、「ICO」米で急拡大
参考元:日本経済新聞

仮想通貨を活用した資金調達が急拡大している。2017年に入り海外を中心に70以上の企業が独自の仮想通貨を発行。ネット上で個人などに販売して800億円強の資金を調達した。「新規仮想通貨公開(ICO=Initial Coin Offering)」と呼ばれ、

 

_/_/_/_/_/ ピックアップ記事 _/_/_/_/_/
ビットコインを追い抜きそうな仮想通貨「イーサリアム」誕生の黒すぎる理由とは?
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

この記事を読んでいて「懐かしいな~」っと感じた方は、
40代の方が多いのではないでしょうか?

牛乳瓶の蓋のほかに、キン肉マン消しゴム、ビックリマンチョコのシール、
等々、小学校の時代は様々なものを集め遊んでいました。

しかしながら、牛乳瓶の蓋については、他の者とは違い、
元は捨てられる無価値の物だったにもかかわらず、
その他のものと交換できる『価値』をいつの間には持ったわけですから、
凄い事です。

銭湯に行ったときには、コーヒー牛乳の蓋を持ち帰れる喜びを、
想い出しました。

ビットコインが誕生し、世の中がその存在を知り始めて7年が過ぎました。
その後は、イーサリアムを始め、様々な仮想通貨が創られ価値を持ち始めています。

しかしながら、価値を持ち始めているという基準は何から来ているのでしょうか?

それは円やドルという法定通貨に対して、価値があると言っているだけです。

では、円やドルにはどの様な価値があるのでしょうか?

貨幣を手に取ってみてください。貨幣は細かな模様が施された鉄の塊です。
紙幣を手に取ってみてください。燃やせば敗となる紙です。

日本では、お金に対する価値について学ぶ機会は非常に少ないように思います。

海外では、10代のクリスマスプレゼントとしてウォールとディズニーの株を
子供にプレゼントする親も少なくありません。

今回の記事の中に出てきたイーサリアムと言う仮想通貨も、
元は0と1で作られた手の上に乗らないネットワークの中にある数字です。

それに価値があるという根拠を重ね合わせ、今では取引所で売買されています。
そして、あたかも問題が起きたかのように、ザダオ事件の後にハードフォークが行われ、
ETHとETCに分かれました。結果、イーサリアムクラシックと言う価値が生まれました。

これが錬金術です。

お金とは何なのか?
お金によって何が得られ失われているのか?
お金があるからこそ何が起きているのか?

一度立ち止まって考えてみることも、時には必要かもしれませんね。

Scroll to Top