ビットコインだけじゃない!――暗号通貨バブルに乗る方法 他1記事

ビットコインだけじゃない!――暗号通貨バブルに乗る方法
参考元:ハーバー・ビジネス・オンライン

「暗号通貨はインターネットの発明に匹敵するイノベーション。その将来性を買って、

NIPPON PAY、ビットコイン決済に対応
参考元:日本経済新聞 12 時間前

<NIPPON PAYマルチ決済サービス>NIPPON PAYとリミックスポイントを親会社に持つビットポイントジャパンが業務提携

 

_/_/_/_/_/ ピックアップ記事 _/_/_/_/_/
ビットコインだけじゃない!――暗号通貨バブルに乗る方法?
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

「ビットコインだけじゃない!――暗号通貨バブルに乗る方法?」

「ヴィジュアル系投資家」って初めて知りました。本当にそれだけの利益が出ているかどうかは公開されていませんが、もうこうなってくると何でもありですね。

私も、何かネーミングでも考えようかな、、、ハハッ。

さて、今回の記事の中に、「税金」というキーワードが出ていましたが、この話題、最近よく聞くようになりました。もちろん、昔から質問はされていたのですが、明確に法整備が整っていませんから、国税や市税に電話しても明確な回答が得られることは少なく、たらい回しにされます。

また、税理士の見解も様々です。

っと言うよりも、お金のプロでもある税理士の方で、ビットコインを持っている方は、私がお付き合いをさせて頂いている税理士さんくらいで、他の税理士さんに聞いても持っている方はいませんでした。

「興味はあります」「学ばなければと思います」っと言う発言は聞くのですが、だいたい行動されません。

よって、税理士の方に、

ビットコインの含み益はどうなるの?
どうなったら利益になるの?
損したらどうなるの?
損をどのように証明するの?
何を根拠に立証するの?

っと聞いても全てにおいて答えは返ってこないでしょう。

なぜなら、持ってもいないですし、理解もしていないので、当然と言えば当然です。

その様な中、前回の松藤弁護士との対談VTRに続き、近日中に岡田税理士との対談VTRもお届けすることが出来ると思います。

日本の税理士の中で、ビットコインを早くから所有している数少ない税理士の一人です。

ビットコインの含み益はどうなるの?
どうなったら利益になるの?
損したらどうなるの?
損をどのように証明するの?
何を根拠に立証するの?

現時点で考えられるお話を、できる限り分かりやすくお伝えする、次回の士業シリーズにご期待ください。

Scroll to Top