仮想通貨のブロックチェーン技術 「食の安全」に活用 他2記事

仮想通貨のブロックチェーン技術 「食の安全」に活用
AFPBB News

【6月26日 AFP】(訂正)食肉や農作物を農場から食卓まで追跡して食の安全性や在庫管理の強化を図るため、食品業界では現在、仮想通貨「ビットコイン(Bitcoin)」で使 …

ビットコインが一時17%下落、イーサ値下がり続く-26日の仮想通貨
ブルームバーグ

ビットコインは日中取引で一時2255.44ドルに下げ、15日以来の安値となった。ブロックチェーン(分散型デジタル台帳)のイーサリアムを基盤とするイーサは26%下げて221.45ドル。コインデスク・ドットコムの集計データが示した。 コインマーケットキャップ・ドットコム集計によると、 …

マルチ決済サービス「ぐるなびPay」提供開始、ビットコイン対応も検討
マイナビニュース

これにより飲食店は、クレジットカードや訪日中国人観光客向け決済サービスである「WeChat Pay(微信支付)」での決済など、さまざまな決済手段に対応。業務の効率化を行うことができるという。今後は、電子マネーやぐるなびスーパーポイント、ビットコインでの支払いなどにも …

 

_/_/_/_/_/ ピックアップ記事 _/_/_/_/_/
仮想通貨のブロックチェーン技術 「食の安全」に活用?
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

仮想通貨のシステムの本質、それは透明性があるという事です。

これをトレーサビリティーと言います。

“トレーサビリティ(英: traceability)は、物品の流通経路を生産段階から
最終消費段階あるいは廃棄段階まで追跡が可能な状態をいう。
日本語では追跡可能性(ついせきかのうせい)とも言われる。”

出典 https://ja.wikipedia.org

一昔前は、ビットコインの取引はアングラだと言われていましたが、
もうそれは過去の話ですね。今では、仮想通貨のシステムほど
透明性があるシステムは無いというレベルまで、
認知度は広がり始めています。

この様なシステムを、人が生きて行く上で必要な「食の安全」
という分野で活用することは、とても素晴らしい事だと想います。

本文にも記載されていますが、ブロックチェーンの導入により大幅な
コスト削減が可能となります。このコスト削減は様々な分野で可能です。

不動産業界でも可能でしょう。
金融業界でも可能でしょう。
士業業界でも可能でしょう。

つまり、仲介業と呼ばれる分野の全てにおいて、
活用することが可能です。

皆様も一つ、その様な観点に立って物事を考えてみると、
より便利で、より安全なサービスを思いつかれるかもしれませんね。

私は、2つほど思い付いてはいるのですが、
それを具体的に形にすることが可能かどうか、今後も検討は続きます。

Scroll to Top