仮想通貨イーサリアム、一時ほぼ無価値 瞬時の急落で

仮想通貨イーサリアム、一時ほぼ無価値 瞬時の急落で
参考元:日本経済新聞

瞬間的に99.97%の価値が消えた――。インターネット上でやりとりされる仮想通貨を「フラッシュクラッシュ」(瞬時の急落)が襲った。事が起きたのは米東部時間21日の15時半。取引所のGDAXで、仮想通貨として「ビットコイン」に次ぐ人気を誇り、遠からずビットコインを追い抜く …

 

_/_/_/_/_/ ピックアップ記事 _/_/_/_/_/
仮想通貨イーサリアム、一時ほぼ無価値?
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

この様な状況は、取引を行う側としてはとんでもない事態ですね。

今回の急落と上昇の仕掛け人が、取引所側であるのかそうでないのかは、取引所側でしか分かりません。

頻繁には起こらないにしろ、非中央集権の通貨を中央集権の取引所が扱っているという状況にはネジレが発生しているようにも感じます。

よって、今後は分散型取引所のOpenLedger(オープンレジャー)の様な取引所にも注目が集まってくると思われます。

現在、私が使っている取引所は下記となります。

【国内】

 Kraken
 BTCBOX
 coincheck
 Bitflyer

【海外】

 OpenLedger
 Poloniex
 Bittrex
 Bitfinex
 Liqui 

各取引所のコインごとの出来高などはCCMC(http://coinmarketcap.com/)のサイトから、
コイン名をクリックし、ページが切り替わったら『Charts』のタブが表示されるので、
『Markets』タブをクリックすると、そのコインを扱っている取引所の一覧が表示されます。

また、各取引所にも運営方針があるので、
取引所によって上場させているアルトコインの種類には違いがあります。

例えば、SNGLSはBittrexやLiquiには上場していますが、
Poloniexや国内取引所には上場していません。

世界的に話題になっているけれど、
Poloniexや国内取引所に上場していないコインやトークンは多々ありますので、
皆さんが応援したくなるようなコインを探して「買う」という行為で応援されてみてはいかがでしょう。

きっと、ワクワクされると想いますよ。

Scroll to Top