村式、Bitcoinによる国際間取引向けコミュニケーション基盤事業を開始 他5記事

村式、Bitcoinによる国際間取引向けコミュニケーション基盤事業を開始
参考元:マイナビニュース

村式は6月23日、2016年度の経産省「飛び出せJAPANプロジェクト」のモデル事業として日本ーフィリピン間における実際の貿易決済に暗号通貨を導入した商取引 …

ビットコインの対応店が急増中と言われても、ピンとこないのは何故か
参考元:ダイヤモンド・オンライン

日本国内でビットコイン(Bitcoin)で代金を支払うことができる店舗数は、26万店を超えたそうだ。 「本当か?」と思われる方も多いだろう。なにしろビットコインなど持っていないという読者の方が大半なのではないかと思うからだ。 にもかかわらず、ニュースを調べるとビットコインで …

Blockchainという「会社」がシリーズBで4000万ドルを調達
参考元:TechCrunch Japan

つい先ほどBlockchain(社名)は、4000万ドルのシリーズB調達ラウンドをLakestarのリードで完了した。Blockchainは、世界でいちばん人気のあるbitcoinウォレットを運用している会社だ。ウォレットは同社のウェブサイトまたはモバイルアプリで利用できる。 今日の調達ラウンドに …

マイクロソフトとアクセンチュア、ブロックチェーン利用のIDシステム構築
参考元:ZDNet Japan

今年で2回目となる「ID2020 Summit」で発表されたこのプロトタイプは、指紋や網膜といった個人の生体認証情報と、暗号通貨を支える技術でもあるブロックチェーンを組み合わせることで、あらゆる人々に法的な身分証明書を提供することを目指す。なお同サミットを主催 …

EOSブロックチェーン・オペレーティングシステムが1年間のトークン配布を発表
共同通信PRワイヤー (プレスリリース)

これによってブロックチェーンの新しいユーザーは暗号通貨を購入するための複雑なプロセスの操作をすることがなくなり、この産業の促進を支援する。さらにこれはEOSのオペレーティングシステムによっていかなるタイプのアプリケーションも構築、稼働、制御されることでもあり、 …

飲食店のカイ 仮想通貨決済を導入 利便性向上目指す
参考元:琉球新報

飲食店などを展開するカイ・コーポレーション(又吉豊社長)は22日から、仮想通貨「ビットコイン」を料金支払いに利用できるサービスを始めた。ビットコインで手軽に決済ができるようにして、利便性向上を目指す。 又吉社長は「県内でビットコインによる支払いができる場所を増やし …

_/_/_/_/_/ ピックアップ記事 _/_/_/_/_/
村式、Bitcoinによる国際間取引向けコミュニケーション基盤事業を開始?
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

APIとは、Wikiで検索すると「アプリケーションプログラミングインタフェース
(API、英: Application Programming Interface)とは、ソフトウェアコンポーネントが
互いにやりとりするのに使用するインタフェースの仕様である。」

と説明されています。

ソフトウェアコンポーネントとは、Wikiで検索すると「ソフトウェアシステムの様々な
機能を関心の分離によって分割したものである。システムを独立した結合の弱い再利用可能な
コンポーネント群で構成する設計技法は Component-based software engineering (CBSE) と呼ばれ、
ソフトウェア工学の一分野となっている。」

と説明されています。

インターフェースとは、Wikiで検索すると「ものごとの境界となる部分と、
その境界でのプロトコルを指す。 コンピュータなどでは、コンピュータシステム内、
あるいはシステム間のインタフェースや、人間と機械の間のインタフェース
(ヒューマンマシンインタフェース)などがある。」

と説明されています。

プロトコルとは、Wikiで検索すると「複数の者が対象となる事項を確実に実行するための
手順等について定めたもの。」

と説明されています。

ふぅー、言語が英語の言葉を使った説明を日本の方々へ丁寧に説明する場合は、
どうしてもこうなりますよね。

これで、ようやく概要説明が出来ます。

一言で言うと「便利になります!」っと言う事です。

すいません。本日はお茶目な感じで終わりたいと想います。

Scroll to Top