ビットコインとFeliCa技術を連携、タッチで安全に決済可能か検証 他2記事

ビットコインとFeliCa技術を連携、タッチで安全に決済可能か検証
参考元:ASCII.jp

そこで、仮想通貨であるビットコインとFeliCa技術を連携させ、誰もが簡単に決済できる手法を開発し、その実用性や安全性について検証した。 今回、ビットコインの秘密鍵をFeliCaの鍵あり領域(FeliCaポケット領域)に保持し、ハードウェアウォレットとして利用するとともに、決済 …

仮想通貨ビットコインに迫る2番手イーサが値下がり、人気で取引混雑
参考元:ブルームバーグ

イーサリアムをベースとする仮想通貨の発行による資金調達(イニシャル・コイン・オファリング、ICO)が相次いだことでイーサの注文が急増、これでネットワークに支障が起きたと、仮想通貨トレーディングプラットフォームを手掛けるコインダッシュのアロン・ムロック最高経営責任 …

イオン系、カード決済情報を加盟店間で共有
参考元:日本経済新聞

イオングループのイオンフィナンシャルサービスは、日本アイ・ビー・エムと共同でクレジットカードでの決済情報の効率的な活用に乗り出す。仮想通貨の中核技術「ブロックチェーン」を活用し、国内外での決済情報を集約し加盟店同士で共有する実験を始める。カード決済でたまっ …

 

_/_/_/_/_/ ピックアップ記事 _/_/_/_/_/
ビットコインとFeliCa技術を連携、タッチで安全に決済可能か検証?
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

「ビットコインとFeliCa技術を連携、タッチで安全に決済可能か検証?」

ビットコインを決済で使用するにあたり、
必要な要素の一つである「直感的に決済できる」というポイントにおいて、
ビットコインは他の決済手法と比べ後れを取っていました。

現在、ビットコインを決済に使おうとする場合、
下記の様な流れを辿ることになります。

スマホを出す⇒スマホのロックを解除する⇒アプリを起動する
⇒暗証番号を入力する⇒店舗のQRコードを読み取る
⇒内容を確認する⇒送金ボタンを押す⇒店舗側が着金を確認する。

っと言うように、多段階の作業が必要とされます。

しかしながら、クレジットカードは小額であれば、
財布から取り出し店員に渡し、カードリーダーで読み取り確認するという流れなので、
ビットコイン決済よりも早いと言えます。楽天Edyについては、
読み取り機械の金額を確認しスマホを機械にかざせば、決済が完了します。

その様な中、今回のFelica決済との連携は、
ビットコイン決済を行う人口増加を確実に促進させます。

セキュリティー面でも「ビットコインの秘密鍵をFeliCaの鍵あり
領域(FeliCaポケット領域)に保持し、ハードウェアウォレットとして利用するとともに、
決済媒体としても利用できる手法を採用しシステムを開発。」とのことから、
このシステムに問題がなければ、スマホを読み取り機器にかざすだけで決済が終了します。

後は、サービスを提供する企業が専用アプリウォレットをリリースするのであれば、
そのウォレットは世界のだれもがダウンロードでき、
ビットコインを保管できるものでなければなりません。そうすれば、
海外からの渡航者もビットコイン決済を行いやすいし、
今までビットコイン決済を通常の決済よりも手間がかかるし不安だ、
っという経営者には、導入促進にもつながります。

技術的にはハードルは高くはないと考えていたのですが、
いつサービスがリリースされるのだろうと思っていた矢先に今回のニュースが流れました。

ビットコインを始めとする仮想通は、便利で安心に使えるからこそ価値がある者なので、
今回のサービスリリース以降は、格段にビットコイン決済が出来る店舗が増えることでしょう。

Scroll to Top