「ブロックチェーン」の基本を理解してみる 他1記事

「ブロックチェーン」の基本を理解してみる
参考元:IT Leaders

ブロックチェーンは、暗号通貨でありP2P決済システムであるビットコインの、中核をなす技術です。オーストラリア政府が最近公表した国際標準づくりのロードマップでは、ほぼ同義でDistributed Ledger Technologies(分散台帳技術)という表現を使っており、こちらの方が理解し …

ビットコインにはなぜ「常識」が通用しないのか?暗号通貨投資の基本戦略=メダカ
参考元:まぐまぐニュース!

例えば、10万円で買ったコインが20万円分になったときに、6万円を利確すれば14万残るので、今後も振り出しに戻らずにさらに成長を期待できるわけです。 もし半分以上、あるいは全額利確してしまうと、後からさらに上昇したときに機会の損失がもったいないうえ、メンタル的にも …

 

_/_/_/_/_/ ピックアップ記事 _/_/_/_/_/
「ブロックチェーン」の基本を理解してみる?
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

この記事は、ブロックチェーンにつてのポイントが纏められているので、
学びを深めるにはよろしい記事かと思います。

また、記事の中に下記の様な記載がありました。

「2016年4月に経済産業省が発表した「ブロックチェーン技術を利⽤した
サービスに関する国内外動向調査」によると、国内市場規模は67兆円。
また世界経済フォーラムは2015年9月に「Technology Tipping Points and Societal Impact」
というサーベイレポートで、2027年までに世界GDPの10%が
ブロックチェーン経由の取引になりうるとの調査結果を発表しています。」

これは、その通りだと思いますし、2027年とは10年後ですから、
あっという間にその時が訪れると思います。

数年前からよく聞く言葉に「IOT」という言葉があります。

ソフトバンクの孫氏は、ロボット開発と同様に、IOTに力を入れています。

IOT:: Internet of Things(モノのインターネット)

これは、冷蔵庫や洗濯機から車まで、様々な「モノ」がインターネットと繋がり、
より便利な世の中を構築するという技術です。しかしながら、数年前までは、
大きな心配もありました。それは、インターネットとつながっているIOT家電などの、
セキュリティーの低さから、ハッキング被害が多発すると言われていました。
既に、その懸念は現実のものとなっています。

http://www.sankeibiz.jp/business/news/170103/bsj1701030500003-n1.htm

しかしながら、その様な問題も、非中央集権型のブロックチェーンであれば、
問題にならないと言われています。

『IOTA』

今、このプラットフォームがブロックチェーン技術を超えるかもと、
業界では話題になり始めています。

IOTAに使われているDAG構造のことを「Tangle」と呼ぶのですが、
その内容が書かれたサイトがあります。

https://jp.cointelegraph.com/news/iota-a-blockchain-less-gasp-token-for-the-internet-of-thingsjp/jp

当協会では、このIOTAにも注目しておりますので、
近々、内容を分かりやすく纏めたレポートを作成したいと思います。

Scroll to Top