岩田日銀副総裁、ビットコイン「政策への影響は限定的」 他1記事

岩田日銀副総裁、ビットコイン「政策への影響は限定的」
参考元:日本経済新聞

日銀の岩田規久男副総裁は25日、参院財政金融委員会に出席し、ビットコインなど仮想通貨について「決済などでの利用は限定的で、金融政策への影響は少ない」と述べた。仮想通貨が既存通貨に… [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお …

ビットコイン、一時初の2500ドル超え 取引所連合が容量引き上げで合意
参考元:日本経済新聞

【NQNニューヨーク=滝口朋史】インターネット上の仮想通貨ビットコインの価格が一段と上昇している。24日、初めて心理的な節目の1ビットコイン=2500ドルを上回った。ビットコインの取引所などで構成するデジタル・カレンシー・グループが23日、ビットコインで利用している分散 … 

_/_/_/_/_/ ピックアップ記事 _/_/_/_/
何故、政府の方と言うのは、いつもこのような発言なのだろう?
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 「何故、政府の方と言うのは、いつもこのような発言なのだろう?」 

以前、大臣を務めている方がこの様な発言をしていました。

 「ビットコイン、あんなものは無くなると思っていた!」

 マウントゴックス事件の後に飛び出した発言です。発言者は、
麻生大臣です。
日本国のお金のトップの発言だったので、
目を丸くしてしまった記憶が鮮明に残っています。

 そして今回は、日銀の副総裁の発言です。

 「決済などでの利用は限定的で、金融政策への影響は少ない」との事。

 世界中の人々が、紙幣と貨幣を使わなくなる時代が近いのに、
金融政策への影響が少ないというのは不思議な発言です。

 ビットコインや仮想通貨の普及は、その金融政策の概念自体を大変革させるので、
現状の金融政策から私たちが知る仮想通貨およびブロックチェーンをみて話をしても、
意味が分からない発言になってしまします。

 しかしながら、この日本国も裏ではしっかりと先を見据えた官僚の方々もいて、
行動も伴い日本の遅れを取り戻そうと動いています。

 先日、福岡講座の最後にお見せした資料を覚えておられる方は、
その事を感じていると思います。

 仮想通貨を知り、ブロックチェーンを知れば知るほど、今後、
日本を動かしていく人物は、政治家ではなく、
我々国民であるという事が明確に分かります。

 「個と個の集合体が未来を変えます」

 そして、変化は進化です。

 変化を恐れることはありません。時に変化は辛さや苦しさを伴うものですが、
それが伴っているからこそ変化であり進化なのです。

 先日の福岡講座に参加された方が、
早々に「沖縄で講座の主催を行いたいです」っと仰ってくれました。

 私は、心から感動しました。

 初級講座は毎回、全エネルギーを投じて望んでいます。

 そして、講座が進むにつれ、緊張気味だった皆さんの表情が和らいでいき、
最後には何かしら明確な知識と理解と気づきを持って帰られていきます。

 それを感じてしまうと、次回もよりエネルギーを投じて講座をお届けしようと想います!

 次回の、東京、沖縄、大阪、福岡、も感動と気づきを参加者の皆様と共に分かち合い、
前進するために、全エネルギーを投じて頑張ります。

Scroll to Top