ビットコイン、金の最高値超す 「無国籍通貨」変わる主役 他2記事

ビットコイン、金の最高値超す 「無国籍通貨」変わる主役
参考元:日本経済新聞

インターネット上の仮想通貨ビットコインの価値が急上昇している。ドル建て相場は19日、伝統的な「無国籍通貨」の金の史上最高値を上回った。荒い値動きに目をつけた投機マネーが流入し、ここ1カ月で上げ幅は6割に達した。 ビットコインの情報サイトを運営するコインデスク …

ビットコイン消失事件 取引所の代表、7月初公判
参考元:日本経済新聞

東京地裁(入江猛裁判長)は19日までに、仮想通貨ビットコイン取引所マウントゴックスの巨額コイン消失事件で業務上横領などの罪に問われた運営会社「MTGOX」の代表取締役マルク・カルプレス被告(31)の初公判を7月11日に開くと明らかにした。 起訴状では、2013年10 …

【電子版】大規模サイバー攻撃、仏チームが「ワナクライ」復旧ツール公開
参考元:日刊工業新聞

身代金(ランサム)を要求するランサムウエアの「ワナクライ(WannaCry)」がパソコンを乗っ取り、内部のファイルを暗号化。その上で、仮想通貨ビットコインで300ドルから600ドルの支払いを求め、1週間以内に支払わないとパソコン内のファイルが永久に暗号化されたままに …

_/_/_/_/_/ ピックアップ記事 _/_/_/_/
ビットコイン、金の最高値超す 「無国籍通貨」変わる主役とは?
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

2008年にビットコインのホワイトペーパーが公開され2009年に運用が始まり、
今年でもう9年目となります。

そして今、ビットコインが金の価格を上回り、世界は形あるものを資産とする考え方の先に、
形のないものも資産であると認め始めました。

では、なぜ、世界中の人々はビットコインを資産の一部と認めるのでしょうか?

それは、形のないビットコインに『価値』を見出しているからに他なりません。

その理由の一つに「供給量が決まっている」というルールがあります。

発行枚数2,100万枚。これがビットコインの発行量です。

私たちが日ごろ使っている紙幣や貨幣は、日本国が製造し供給しています。
日本のお金を製造・鋳造する技術は世界一であり、偽札や偽貨幣は世に出回りにくいとされています。

しかしながら、その供給量は無限です。

よって、政府は円の供給量を増やしたり制限したりすることが可能であり、
その都度、円の価値も上がったり下がったりします。これが円高円安と呼ばれる状況であり、
政府が行う経済操作の一種です。その他の先進国でも、同様の操作が行われています。

これは、市民が使う「お金」という価値を政府に握られているのと同じことになります。

その様な状況に対し「これって、おかしくない!?」っと考えたのが『サトシ・ナカモト』でした。
そう、ビットコインの生みの親です。その後、サトシ・ナカモトは論文を発表し、
その内容に共感を覚えた有志で創られた仮想通貨が『ビットコイン』でした。

国や政府に管理されない操作されない、世界通貨の誕生でした。

その後、サトシ・ナカモトの考え方に賛同した人々が共感共鳴し、
ビットコインと言う言葉は、瞬く間に世界へと浸透していきました。

まるで、波紋(リップル)の様に、、、です。

現在のビットコインは、ブロックチェーンと言う仕組みのすばらしさと、
投機対象としての魅力、この2つが相乗効果をもたらし、
今もなおビットコインを所有したいと考える人々は増えています。

しかしながら、ビットコインの本来持つ『価値』を理解している方は10万人に1人いるでしょうか?
100万人に1人でしょうか?

先ほど、「「お金」という価値を政府に握られている」とお伝えしましたが、
本来、『価値』」という物は自分以外の誰かが決めるものではありません。

では、その『価値』とはどこに存在するのでしょうか?

それは、、、あなたの心の中にあります。

協会が主催する『暗検(暗号通貨検定)』にて、ビットコイン本質を学び、
あなたの中にあるビットコインに対する『価値』をより明確にして頂くために、
暗検を活用いただけたら嬉しいです。

―――――――――――――――――――――――――――――
◆暗号通貨技能検定
―――――――――――――――――――――――――――――

講座:東京初級講座(定員20名)
場所 2017年6月11日
   TKP五反田2階
時間 13時30分~17時00分
開場 13時15分

講座:第一回大阪上級講座(定員10名)
場所 2017年7月23日
   ブリーゼプラザ801号室
時間 13時00分~19時00分
開場 12時45分

上級講座は残5名となりましたので、受講を検討されている方はお早めにお申し込みください。

お申し込みはこちら
↓↓↓↓↓
https://japancryptocoin.org/kentei/

Scroll to Top