上場しても拭えない、ビットコインのリスキーなイメージ 他1記事

上場しても拭えない、ビットコインのリスキーなイメージ
参考元:NewSphere

デジタル通貨のビットコインは2008年の設立以来、多くの批評家から本質的な危うさを指摘されてきた。最近、ビットコインの取引を簡素化するため、上場投資信託(ETF)を立ち上げる動きがあることからも、世間の評価がいまだに変わっていないことが見て取れる。しかし、ビット …

無料で700種類以上の仮想通貨を一覧表示してリアルタイムで相場の変化をチェックできるソフト「Donut」
参考元:GIGAZINE

仮想通貨の代表格は「Bitcoin(ビットコイン)」ですが、ビットコイン以外にも世の中には数多くの仮想通貨が流通しており、取引価格は刻々と変化しています。専用のウインドウに仮想通貨を一覧表示させて、値動きの変化もリアルタイムで表示できるソフト「Donut」が、Githubで無料 …

 

_/_/_/ ピックアップ記事 _/_/_/
上場しても拭えない、ビットコインのリスキーなイメージ
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

先日、ウィンクルボス兄弟によるビットコインETFの申請が否認され
一時的にビットコインの価格は大きく下落しましたが、今年に入り毎
日のように高値を記録というニュースを目にします。 

では、ビットコインが何故これほどまでに話題になり、価格が上がる
(価値が向上する)のか?

 これについては、日本国在住である方々には、なかなか理解しづらい
かもしれません。

 ビットコインは大きく2つの特性があります。

 それは『安全性と利便性』です。

 そして、利便性とは決済においての利便性です。

 しかしながら、世界的に見るとビットコイン決済は便利なのですが、
日本からするとビットコイン決済以上に便利な仕組みがあります。I
Cカード決済や電子決済などです。

 なのに、現在の国別における取引高は日本が1,2を争うほどになって
います。

これは、リスクを取り投資したいと思わせるほどの『価値がある』と
考える投資家や事業者が増えてきているからです。

ビットコインについては、SolidXとGrayscaleの二社から同様のETFの
申請がなされており、他のアルトコインでは、イーサリアムやイーサ
リアムクラシックのETFが検討されています。

先日の資金募集の記事についても、銀行口座を必要としないICOでの
資金受け入れによるプロジェクトが盛んになってきたとお伝えしまし
た。

この様に、今後は金融に関する全てが、仮想通貨・ブロックチェーン
・AI・IoTを抜きにして語ることのできない時代になると考えま
す。そしてそれは、もう直ぐそこまで来ています。

仮想通貨の基本的構造を知り、それらが創り出す未来がイメージでき
たなら、きっとワクワクする未来を引き寄せることが出来ると思います。

Scroll to Top