2030年までに「1ビットコインの価格は50万ドルに達する」 他3記事

2030年までに「1ビットコインの価格は50万ドルに達する」
参考元:BUSINESS INSIDER JAPAN

だが、Snapchatの最初の投資家のジェレミー・リー(Jremy Liew)氏とBlockchainのCEO兼共同創業者のピーター・スミス(Peter Smith)氏は、「ビットコインはまだそのポテンシャルをほとんど発揮していない」と語る。2人は、ビットコインの価値が2030年には50万ドルに達する …

ビットコインがMasterCard店舗やATMで利用可能に–テックビューロ
参考元:ZDNet Japan

このサービスについて、テックビューロ代表取締役の朝山貴生氏は、ビットコインに対応するカードのほとんどは、欧米のペイロールカードなどの流用であり、現金を引き出すだけで数%や数ドルの手数料がかかっていたと説明。マルチカレンシー対応を前提としたマネパカード …

ブロックチェーンにより実装されたデジタルトークン「Zen」の社会実験を5/15から開始
参考元:ECzine(イーシージン)

一般社団法人ブロックチェーン推進協会は、 日本円との為替が安定して運用されることで将来的に実ビジネスでの使用に耐えうる仮想通貨とすることを企図した、 ブロックチェーンにより実装されたデジタルトークン「Zen」の社会実験を2017年5月15日(予定)から開始すると発表。

コミュニティを形成、60秒以内にローンを審査――支店を持たない独銀行「Fidor Bank」躍進のワケ
参考元:TechCrunch Japan

Rippleプロトコルを世界で初めて採用し、ビットコインを活用したリアルタイム送金やオープンAPIを備えたFidor OSを提供するなど、ドイツでもっとも革新的な銀行として知られているFidor Bank。2017年2月末に日経FinTechが開催したイベント「Nikkei FinTech Conference …

 

_/_/_/ ピックアップ記事 _/_/_/

ビットコインがMasterCard店舗やATMで利用可能に–テックビューロ

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

今後、ビットコインが普及していく過程でクレジットカード決済は
増えるのか減るのか、どの様な未来が待っているでしょうか?

個人的には、クレジットカードもビットコイン決済も、利点を生かした
相乗効果の結果、どちらも決済額は大きくなっていくと感じています。

その様な中、Zaifとマネパが手を組みました。この仕組みの利点は
手数料が安価になるという事と、ビットコインのチャージが6通貨に
対応しているという事だと考えています。

また、日本経済新聞の記事ですが、クレジットカード決済の金額が
50兆円を超したというニュースには驚きました。カードを考えた人は
本当に天才だと思います。

50兆円の手数料が最低額の3%としても、それだけで1,500億円です。
日本は少子化で人口は減少しますが、世界人口は増加の一途ですから、
今後もカード決済額は増加する事でしょう。しかしながら、時代は
その時々で変化し、決済方法も変化してきました。

10年後、20年後、どの様な決済方法が主流となっているのでしょうか?

もしかしたら、その決済方法を考え出すのは、あなたかもしれません。

Scroll to Top