「藩札2.0」の夢 ブロックチェーン×地域通貨は地域格差を解決するのか 他3記事

「藩札2.0」の夢 ブロックチェーン×地域通貨は地域格差を解決するのか
参考元:WIRED.jp

… せようとしている。ビットコインよりも参入障壁の高いサーヴィスで地方経済の活性化を狙う仲津は、どのようなバックエンドシステムを構築したのか。 …. こと経済で言えば、中央集権的な日本銀行が管理することで、それなりに統制がとれているという見方もできます。地域活性化 …

BCCC、対円為替レートを安定化した仮想通貨「Zen」の社会実験を開始
参考元:ASCII.jp

ビットコインなどの仮想通貨は、各国の法定通貨に対する為替変動が激しく、これが企業活動における仮想通貨の普及を妨げる要因になっていた。今回BCCCは、日本円に対する為替レートが安定的に推移する仮想通貨を作り出すことを目的に、Zenの社会実験プロジェクトを …

新しい暗号通貨「ボスコイン」、自己進化型「Trust Contracts」プラットフォーム提案
参考元:時事通信

東京–(BUSINESS WIRE)– (ビジネスワイヤ) — ボスコインプラットフォームは、Trust Contractsベースの自己進化型システムを備えた暗号通貨プラットフォームである。Trust Contractsはスマートコントラクトと同じようにブロックチェーン上で自動実行されるプログラムで、専門 …

S-MAX2017年04月12日 19:25IoTウイルス「Mirai」にBitcoinのマイニング機能が一時的に実装!
参考元:BLOGOS

過去にはAndroid向けアプリに仕組まれたトロイの木馬によってBitcoinなどの仮想通貨がマイニングされようとしたこともありましたが、現状ではMiraiが感染するようなIoT機器では処理速度の問題で思うように成果が得られないこともあり、すでにこの機能は外されているということ …

_/_/_/ ピックアップ記事 _/_/_/ 
BCCC、対円為替レートを安定化した仮想通貨「Zen」の社会実験を開始。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

現在、飲食店を始めビットコイン決済を導入する店舗が、この日本でも少しづつ増加しています。

しかしながら、増加率は限定的であり、その原因はビットコインが円に対して変動するためです。 円高や円安と言った言葉がある様に、ビットコインも円に対して価値が上がったり下がったりします。

店舗側としては、最も嬉しい決済は現金決済です。その場で現金が手元に残るからです。例えばクレジットカードなどは、カード発行会社に決済手数料を支払わなければなりません。平均して5%前後になります。1万円の飲食の支払いの内500円がカード会社に支払われる訳です。これは利益率の低い商売では嬉しくない状況です。しかしながら、支払う消費者側はポイントが溜まるなどの理由でカードを使いたがります。

現在は現金やカード以外にも様々な決済手段が導入されていますが、実は現金に最も近い決済方法は暗号通貨(仮想通貨)決済だと考えています。 日本人がグローバルな視点を持てば、円もドルに対して上がったり下がったりしていますから、ビットコインも円に対して上がったり下がったりする事を理解できれば、ハードルはかなり低くなると思われます。

それと同時に今回の『ZEN』の様に、1円=1ZENという固定レートでの導入を”選ぶことが出来る”という形は、カード決済に比べ店舗側の収益を少しでも残すことに繋がる取り組みになるのではないかと考えます。

山下健一

Scroll to Top