みずほFG、三井住友、第一生命が仮想通貨最大手ビットフライヤーに2億円出資 他6記事

みずほFG、三井住友、第一生命が仮想通貨最大手ビットフライヤーに2億円出資
参考元:時事通信

仮想通貨ビットコインの取引所最大手ビットフライヤー(東京)は14日、みずほフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループの投資ファンドと第一生命保険から計2億円強の出資を受けたと発表した。財務基盤を拡充するとともに、メガバンクなどとの連携強化を図る。

 ビットコイン取引、暗号通貨が上限に達し行き詰まり
参考元:MITテクノロジーレビュー (会員登録)

この問題は、1秒間に最大7件しか取引を処理できないビットコインの設計に起因している。ビットコインは、世界中の個人や企業のコンピューターの分散ネットワークで実現しており、今週、その能力の上限に達したのだ。取引の未消化要求が積み上がって(自然発生なのか、ビット …

犯罪者曰く「今が一番アツイ」投資詐欺のこんな新手口にご用心=森田朝美
参考元:まぐまぐニュース!

その会話の中で出てきた今一番アツい詐欺は「暗号通貨(仮想通貨)を使った集金」だそうです。ただのポイントであっても「コイン」と名称に付けるだけで、お金の集まり具合が全然違うということです。 新聞記事など客観的データを使って集金できるので、すぐに数億円が集まるそう …

クラウド統合開発環境「PizzaFactory Camino」の価格体系を変更,暗号通貨トークン「SEMOLA」を用いたポイント決済を導入
参考元:ValuePress! (プレスリリース)

組込みシステム向け開発環境の提供を手がける合同会社もなみ屋(所在地:東京都新宿区 代表:邑中雅樹)は,既に提供を開始しているクラウド統合開発環境「PizzaFactory Camino」の価格体系を2017年4月より変更し,また暗号通貨トークン「SEMOLA」を用いたポイント決済に …

メガ銀、仮想通貨やAIに出資 フィンテック加速
参考元:日本経済新聞

3メガバンクや大手生保は金融とIT(情報技術)を融合したフィンテックの取り組みを加速する。みずほフィナンシャルグループ、三井住友フィナンシャルグループの投資会社は仮想通貨取引所の国内最大手に出資。三菱東京UFJ銀行は人工知能(AI)を生かすベンチャーに直接 …

マーチャントが仮想通貨事業参入への検討開始を発表
参考元:ニフティニュース

同社がさらなる成長を図るために、不動産や投融資を含む金融業または商業施設運営への仮想通貨の応用をワールドワイドにおける成長戦略とみなしており、現在、有力仮想通貨事業者と業務提携または出資について協議を行っているという。なお、詳細は近日中に発表する …

3メガバンクと生保がbitFlyerと資本提携、金融システムはブロックチェーンに置き換わるのか?
参考元:TechCrunch Japan

… 調達を実施した。調達額は3社合わせて約2億円と日本経済新聞は伝えている。 …. 見えてくるだろう。仮想通貨ビットコインの技術をお手本として日本のスタートアップ企業が開発したプライベートブロックチェーン技術が、次世代社会インフラの基盤を提供する可能性があるのだ。

Scroll to Top