ランサムウェア被害拡大…データ人質、金銭要求 他1記事

ランサムウェア被害拡大…データ人質、金銭要求
読売新聞

暗号化と前後して、「人質」となったデータを元に戻すための身代金を求めるメッセージが表示される。金額は様々だが、数万円(数百ドル)を要求されることが多い。支払いは、仮想通貨のビットコインなどを用いてインターネット上で行われるため、どこの誰に渡るかは分からない。

Googleが出資したリップルの仮想通貨「XRP」、アット東京が日本初のValidator運営事業者に
ソフトバンク ビジネス+IT

アット東京は2月1日より、SBI Ripple Asiaと共同で、日本で初めて、仮想通貨XRPのブロックチェーンであるRipple Consensuses Ledger上の「Validatorノード」の運営を開始した。 photo. 国内最大規模の総床面積を誇るアット東京のデータセンター. 関連記事.

Scroll to Top