未来のインターネットは、非中央集権型のインターネットだ 他5記事

未来のインターネットは、非中央集権型のインターネットだ
参考元:TechCrunch Japan

それなのに、分散型ネットワークを利用することで誰もが複雑な金融取引をエンコードしたり、正確に実行することができるブロックチェーン・プロトコル、「イーサリアム」へ投下されたVC資金はほんの僅かである。だが、その一方でイーサリアムは不特定多数が参加するクラウド …

通貨がいらない国、通貨が多い国、通貨が流出する国
参考元:BLOGOS

日銀のマイナス金利政策により金利が下がり運用先が見当たらなくなったことで、お札を銀行等から引き出し、自宅でためこむタンス預金が増えたことが背景にあるとされる。たしかに金庫が売れ … もあったとされる。ビットコインが一時急騰したが、その取引の9割が中国であった。

今年の主役はNYダウとビットコイン、そして…?未来予測プログラムが分析=高島康司
参考元:まぐまぐニュース!

例えば11月にインド政府は、1000ルピーと5000ルピーの高額紙幣の流通を停止させて大きな混乱をもたらしたが、これが起こる前にウェブボットのレポートに予測されていた。さらに、いま仮想通貨のビットコインが急騰しているが、これが1000ドルを突破することをかなり以前から …

ビットコインの暗号技術はいずれ破られる、新方式に移行する手段はあるか
参考元:ITpro

例えば、ビットコインで使われている署名方式「ECDSA(鍵長256ビット)」や、ハッシュ関数「SHA-256」について、NIST(米国立標準技術研究所)は2030年以降でも使用できるとしてはいる(NISTのPDF資料)。だが、ビットコインの新規通貨発行は2040年ごろまで続き、それ以降 …

トランプ大統領誕生で、中国のビットコイン利用者が増える事情
参考元:現代ビジネス

今年の年明け以降、為替相場で不安定な動きが続いている。特に、人民元を巡る動きが急だ。 中国政府が大手企業に外貨の売却を促したことなどを受けて、人民元はドルに対して急反発した。それをきっかけに、円やユーロも対ドルで反発した。 また、12月のFOMC(連邦公開 …

SBIとIBM、地域金融機関向けFinTechサービス導入支援事業を展開
参考元:ZDNet Japan

SBIグループと日本IBMは、2016年12月28日、地域金融機関向けにFinTechサービスの導入支援に向けた共同事業を展開すると発表した。両社は、「FinTechプラットフォーム」構築などの共同事業展開と合弁会社設立の協議開始について合意した。今後、SBIグループの …

Scroll to Top