ビットコイン、時価総額が過去最高に 他5記事

ビットコイン、時価総額が過去最高に
参考元:CNET Japan

Reutersによると同日、欧州のビットコイン取引所Bitstampでビットコイン1枚の価格が、2014年1月以来の最高値となる875ドルに達したという(本稿掲載時点ではさらに上昇し、900ドル前後を推移している)。2016年初めの取引価格である435ドルからは2倍に上昇した。

3分で分かる「ブロックチェーン」最新事情
参考元:エキサイトニュース

例えば、総合旅行予約サイト「Expedia(エクスペディア)」や総合コンテンツショップ「DMM.com」などがビットコインでの支払いを受け入れている。また、ビットコインからVISAカードへのチャージができるバンドルカードも登場した(運営はカンム)。これにより間接的にではある …

注目されている仮想通貨のメリット、デメリット
参考元:エキサイトニュース

ビットコインなどの仮想通貨は、円やドルのように紙幣や硬貨が存在しているわけでなく、インターネット上の暗号(数字)をやりとりします。実際の通貨を使わずに金銭のやりとりをするところは電子マネーに似ています。しかし、電子マネーは使える範囲がエリアや企業などで限定 …

FinTechの法整備が進み、実行フェーズに移った2016年
参考元:ZDNet Japan

2016年を振り返って一番大きいのは、金融庁が中心となり、FinTechに関連するさまざまな制度の整備が進んだことです。法整備は2015年から続いていたテーマですが、5月25日の銀行法の改正により、銀行による事業会社への出資制限が緩和されたため、銀行がFinTech企業 …

「2017年注目のFinTechスキル7選」AI専門家、データ・アナリストなど
参考元:エキサイトニュース

来年も人気が継続すると期待されているFinTechだが、優秀なテクノロジー人材の確保という点では、FinTech企業と銀行間で激戦が繰り広げられそうだ。 単に「FinTech」という大まかなカテゴリーから、より専門的な技術に細分化された分野へと、人材枠は広がりを見せるだろう。

[FinTech]Apple Payとブロックチェーンが席巻
参考元:ITpro

1年前は、まだバズワードと見る向きもあった「FinTech」。だが、2016年は言葉として定着し、一つの分野として確立した感がある。より具体的なサービスに言及する記事や冷静に動きを捉えようとする記事がよく読まれた。 今年、決済業界に最も大きなインパクトをもたらしたの …

Scroll to Top