「ブロックチェーン2.0」へ 普及の課題と未来 他1記事

「ブロックチェーン2.0」へ 普及の課題と未来
参考元:日本経済新聞

例えば、ビットコインのブロックチェーンでは1ブロック当たり1メガバイトの容量しかなく、ブロックに取り込めるトランザクションは1秒に7件程度しかない。また1ブロックの「プルーフ・オブ・ワーク(PoW=仕事の証明)」に10分かかるため、即時性の高い処理には使いづらい。

貨物保険の手続き短縮 大手損保、フィンテックで
参考元:日本経済新聞

大手損害保険会社が貨物保険の手続きにかかる時間を「フィンテック」を使って大幅に短縮する実証実験を始める。たとえば中国・上海への貨物輸送は2~3日で貨物は届くが、書類を整えるのに約1週間かかる。安く速く貿易手続きを完了し、企業のコスト削減につなげる。

Scroll to Top