初めての人でも安心して購入できる ビットコインの入手方法 他6記事

初めての人でも安心して購入できる ビットコインの入手方法
参考元:livedoor

各取引所の提供するサービスなどを比較しながら、自分の希望にあったところを見つけてみよう。また、入手した後のビットコインはすぐに使用するのでなければ自分のハードウェア・ウォレットやペーパー・ウォレットに移すなど、ハッキングのリスクを避けてきちんと自己管理する習慣 …

W3C Web Payments HTTP仕様のワーキングドラフトがリリース
参考元:InfoQ Japan

420 HTTPステータスコードが定義されていない。 関連するエラー応答HTTPステータスコード。ACHやクレジットカード,暗号通貨(cryptocurrency)といった既存のディジタル支払システムに起因するさまざまな問題は別としても,将来的なディジタル支払手段のサポートは必要だ。

ナットク経済学(2017年1月号)
参考元:BIGLOBEニュース

暗号を信用力の担保とし、国の信用力に依存しない、いわゆる「仮想通貨」が世界中で急速に広まっています。現時点では、1300万人以上が使っていると報道されています。これは度重なる金融危機から、世界中で既存通貨に対しての信頼が薄れている裏返しでもあります。

ブロックチェーンがサプライチェーンにもたらす変革
参考元:TechCrunch Japan

ロンドンに拠点を置くProvenance はビットコインやイーサリアムの基盤となるブロックチェーンを活用し、原材料からコンシューマーに届くまでのサプライチェーンの透明化で人々の信頼を得ようとしている。企業はサプライチェーンやプロダクトの製造方法に関して透明性を保つこと …

みずほ銀行とソフトバンク、FinTechの合弁会社「J.Score」を設立 – CNET …
参考元:CNET Japan

みずほ銀行とソフトバンクは11月25日、個人の利用者向けにFinTechを活用したレンディングサービスを提供することを目的として、「J.Score」を設立したと発表した。

地銀が取り組むフィンテック最新事情 西日本シティ、山口FG、大垣共立、横浜の事例
参考元:エキサイトニュース

フィンテックが金融業界に変革を与えつつある中、積極的にフィンテックを活用している地銀が増えてきている。今回はフィンテックを活用し先進的な取り組みをしている地銀4行を紹介しよう。 □西日本シティ銀行 スマホアプリで税金の支払いができるサービスなど 福岡市博多区に …

なぜ「FinTech」の認知率は上がらないのか?
参考元:エキサイトニュース

□FinTech系サービスで最も認知されているのは「ネットバンキング」83%. 各種FinTech系サービスについて、それぞれの認知について尋ねたところ、1位「ネットバンキング」83%、2位「暗号通貨/仮想通貨」29%、3位「個人財務管理」23%だった。それぞれのサービスの利用経験 …

Scroll to Top